ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

愛知県名古屋市

濃厚中華そば 佐とう【中華そば】 @愛知県名古屋市中区

投稿日:2019年2月28日 更新日:


名古屋圏、
今回は中区メインでの行動。

もう一軒と思いて、
気になってた店の場所を調べてみると、
へ?
近くじゃん!
てか、
同じ通りにあるじゃん!
なんということでしょう!

そのまま歩を進めての到着は、
【れ・ぐらんぽる】

 

ビル1階のちょっと奥まった場所にあり、
丼ものの店になるんだそうで、
炭火炙り焼ちゃーしゅう丼がオススメで、
鶏ちゃん、やまかけなどの丼も・・・

うっそー!

 

2018年10月に業態変更したそうで、
新たにラーメン店としてオープンした新店。

 

 

【濃厚中華そば佐とう】です。

ちょうど昼時の到着時は中待ちに加え、
外待ちも出来ているほどで、
帰りしなにも外待ちは継続してるほど。

 

丸の内という場所柄、
日曜日が定休日となっています。

 

メニュー写真によると、
中華そばメインでのトッピング展開みたい。

しばらくして入店、中待ち席へ。

 

軽やかなジャズが流れる店内は、
手前にテーブル2席×3脚、
奥に厨房付きのカウンター10席が用意され、
券売機はありません。

席に着いて眺めるメニューはこちら。

 

 

やはりの中華そばでの展開。
ここは基本たる一杯をイっときます。

 

【中華そば】750

 

どうよ?
どうよ?
どうよ?

 

深みのある色合いのスープは、
丼フチまで達するほどになみなみと注がれ、
そ〜っと手元に下ろさないとこぼれそう。

 

チャーシューはどん!どん!どん!と3枚、
ざっくり厚みを持たすネギはどっちゃりこん!
圧倒的な迫力を感じます。

 

油の層が厚いので、
ちゃぽちゃぽしてからスープをひと口。

 

がつんッ!

うわッ!
こりゃ、スゲーわ!
ニンニクがスゲーわ!

たまり醤油を使ってるとの謳いで、
その風味がまず来るかと思ってたら、


がつんッ!

ニンニクの香味油が襲ってくる。
予期せずにいきなりぶん殴られたかのようで、
麺を食らう前に面食らったって感じ。(-; )

で、それに負けぬように、< span lang="EN-US" style="font-family:serif;color:#454545;">
たまり醤油が現れる。
僅かに感じ取れる甘みはあるものの、
ほぼそのまんま使用じゃねーかと思うほど、
深いコクあるたまりが押し迫ってくる。
強いぞ!強いぞ!

合わせるは低加水中細麺。
滑らかさを持ち合わせていながらも、
粉密度の高さを思わせるぐっとした噛み応え。
これがスープに負けね力強さと感じる。
馴染みが良く、
スープとの、たまり醤油との一体感を高める。

ネギはざっくりと厚みを持たせていて、
その辛みや風味をよく感じさせる。
スープの力強さに抗う存在感を示してるね。
後半に掛けては熱が入ることで、
甘みを帯びてきて辛みとの共演。
イイじゃあないの。

 

でも小口切りなので断面積が小さく、
麺と上手く絡みはしない。
せっかくのネギなんだけど、
もっと絡むような切り方に出来んのかしら?

チャーシューはバラ肉を使用。
味の入りが良くて、
それはイイんだけど、
若干の酸化臭を感じて気持ちダウン。

中盤から低加水麺へのスープの、
たまり醤油の侵略が進む。
ただでさえ強いのに、
馴染みが進んでしまい、
舌への蓄積も重なっていくので、
しょっぱくなるのは否めない。
うん、しょっぱいんだな。

モチのロン、
完スペをする気にはなれずにフィニッシュ。

ニンニクの香味油、
たまり醤油、
ネギの辛み・風味、
麺の力強さなどなど、
個々の主張は強くて、
それら自体は惹きには繋がるんだけど、
これは一杯のラーメン。

組み合わさることによる相乗効果は感じず、
魅力は半減。

なんだろう?
一流選手を集めるだけ集めたものの、
一丸となって機能しない、
どこかの球団みたいな一杯といった印象。

逆にそれらが上手く噛み合ったならば、
強い惹きある一杯になるよな気はする
なぁ〜

開店おめでとうございます。

店を出ると、
同じ並びのすぐ近くにはうどん店。

 

お腹が満たされたし、
まだこの後も予定があるので断念したけど、
ここは訪れてみたい店だなぁ〜


そこからまたウロウロと。

 

手羽先食べたいなぁ〜
ビールと一緒に楽しみたいなぁ〜
「世界のやむちゃん」も気にはなるなぁ〜

 

あいちトリエンナーレの壁画。
街がアートを取り入れるのはイイな。

 

SKE48の劇場がある建物。
観覧車を作る光景は何度か目にしてたんで、
懐かしくもあり親しみも感じる。

 



さてさて、
久屋大通のイベントに向かおっと。

 

愛知県名古屋市

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2022 All Rights Reserved.