ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

浜松市西区

荒野【ワンタンメン(大盛)】 @浜松市西区大山町

投稿日:2018年12月23日 更新日:



「おッ!久しぶりじゃん!」
店主が声を掛けてくれる。

いやいやいや、
来たんだけど駐車場満車で、
第2駐車場もいっぱいで断念したんだよねぇ〜
そうなのよ、混んでるのよねぇ〜
今回はギリ入れたんで、
やっとの訪問なんだわね。


とはいえ、
店内満席で外待ちをしばし・・・


【荒野】です。

ようやくの入店で券売機前。

ワンタンにしよっかな。
んでもって大盛に。


ポチリ。

【ワンタンメン(大盛)900


なんだか盛りだくさんで、
ごっちゃりと詰め込んだ感のある表情。

ワンタンにチャーシュー2種、メンマ、
味玉、なると、青ネギを配していて、
まぁ、それよりも期待高いのはスープ。

この黒々としたスープにそそられるのよ。

とりま、ひと口。

ほらほらほらほら、
キタよ!キタよ!キタよ!


美味いじゃないのさ。

ほんのりと甘みを持たせていて、
角を丸めた醤油の風味感がグイグイ!と、
グイグイ!と来るのよ。


たまり醤油を使ってるんだけど、
今は無き、蒲郡「きくや飯店」と同じもので、
今年に入ってやっとそれを入手出来たんだと。
その味を追い求めていた店主はもちろん、
その味を食べたかった僕にしても嬉しい限り。


見た目と違いしょっぱさは無く、
深みあるコクがベーススープに押し上げられ、
グイグイグググイ!と来る。


タレだけでなく、
やはりベースがしっかりしてこそなんだよな。
それに応えるべく、というか、
自然とレンゲを重ねっちゃうんだわ。


こりゃあ、タマラナイ。

合わせるは自家製の低加水ストレート細麺。
大盛にしたこともあってか絡み気味で、
持ち上げるのに手間取っちゃうわ。
既にスープに染まっていて、
強めの歯応えで食べさせる。

硬さ自体は嫌いじゃないんだけど、
スープとの一体感は、
食べ始めは弱い気がするなぁ〜

中盤以降は、
スープの旨みが馴染み深くなっていき、
夢中になるくらいの惹きを生み出す。
青ネギはこれに合っていて、
絡むことでの青さが濃い醤油感に引き立つ。


うんうんうん、
こりゃあ、タマラナイ。

チャーシューはバラ肉とももの2種。
バラは脂身のトロケ加減がしつこくなく、
ももはギューッと噛み締め感がイイわ。
なるとは厚みを持たせていて、
魚の風味がふっと広がる。

ワンタンは餡が大きめで、
食べるワンタンといったところ。
しっかりとした下味が付けられた肉がイイ。
逆に皮自体は小さめで、
餡から口に入れると、
ちゅるん!の後半の余韻が短く、
ちゅ!といった感じ。
皮は大きめで楽しみたいところではあるなぁ〜

後半、コショウを軽くひと振り。
アクセントを効かせて、
更に箸が進んでイイ感じだわ。

完食&完スペ。

懐かしき、
でもそれだけでなく、
味的にも惹かれる一杯なんだな。
(
 ̄▽ ̄)b

浜松市西区

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2021 All Rights Reserved.