ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

掛川市

掛川宝龍【タンメン】@掛川市

投稿日:2022年4月25日 更新日:

 

 

お?

 

通ったことは何度もあったんだけど、
食べるタイミングではなかったからか、
特に認識していなかった。

 

 

先日通った際に、

あ、そうか!

やっと認識したという体たらく。

 

 

名前は同じなので、
おそらくは同じ流れではあるのかしらん?

未訪ではあるものの、
なんとなくの安心感はある。
イってみよっかな。

 

 

 

【掛川宝龍】

(掛川市下垂木2258-1)

掛川宝龍の外観

県道40号、掛川天竜線沿いにある店で、
赤い看板が目立つんだけど、
意識せずに見過ごしてた感はあり、
こりゃ、失敬失敬💦

昼時ということもあるけど、
広めの駐車場は混んでいて、
その人気度の高さを思い知らされる。

掛川宝龍の外観

手指消毒を済ませて入店すると、
厨房を大きく囲むコの字カウンターがあり、
その両サイドにテーブルが設けられている。

アクリル板で仕切られたカウンターに着き、
メニューを眺めましょ。

掛川宝龍のメニュー1

掛川宝龍のメニュー2

掛川宝龍のメニュー4

ラーメン、つけめんにゴハンものがあり、
ランチセットもあったりする。

 

 

さてさてさて、
「宝龍」といったらば、
タンメンのイメージが強い僕は、
やはりそれを食べてみたくなる。

掛川宝龍のメニュー3

んでもって餃子もイっちゃおっかなぁ〜

 

タンギョウをイっちゃうのさ!

٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

 

 

【ぎょうざ〈8ケ〉¥500

掛川宝龍「ぎょうざ」

キレイに並んだ餃子8個は、
焼き面がピシッ!と平らに揃っていて、
キツネ色の焼き色を魅せている。

 

そそるぅ〜

 

さてさてさて、
味はどうだろう?

いきなり調味料を使うなんてことはせず、
まずは何も付けず、
そのものを味わってみる。

掛川宝龍「ぎょうざ」

ぱりっと煎餅のように硬く、
もちっとした柔らかさが混雑する皮からは、

 

ぶわぁッ!

 

強いニンニクの香りと共に肉汁が溢れ、
アツアツ攻撃を仕掛けてくる。
甘みある旨みが膨らんでくる。

濃いめの下味が付けられているので、
こりゃ、何も付けずでもイケるぞ。
うんうんうん。

 

 

 

 

ラー油、醤油は無くてもイケるけど、
味付けの濃さと、
油が多めに付いていることもあり、
酢をちょん付けするくらいがイイかな。

 

 

 

 

 

【タンメン】¥910

掛川宝龍「タンメン」

もうもうと湯気を立ち上がらせ、
群青雷紋をフチに描く丼での提供で、
やや白濁するスープをたたえていて、
炒めたもやし、キャベツ、ニンジン、
玉ねぎ、キクラゲ、豚肉、椎茸を載せる。

掛川宝龍「タンメン」

湯気はもうもう。
スープは飲もう。

 

 

 

 

も゛

 

 

 

 

掛川宝龍「タンメン」スープ

アツアツ攻撃で口に入ってくると、
結構強いエンミを感じる。
野菜などによるほんのりした甘みはあるも、
結構エンミが強い。

ニンニクやゴマ油が使われてるようだけど、
エンミと熱さの裏に隠れ気味。

掛川宝龍「タンメン」麺

麺を引き出してみると、
加水高めの中太平打ち。

肌は滑らかで、
硬めの茹で上がりでもって、
エッジがあるような舌のくすぐりがあって、
これがなかなか面白い。

掛川宝龍「タンメン」麺

もやし、キャベツなど、
炒めものが絡んでくると、
シャキシャキザクザクシャクシャク
食感に変化を与えてきて、
となると、
なぜか大口で頬張りたくなるのよねぇ〜

 

むぐむぐむぐぐ・・・

 

そんな中で椎茸が顔を出す。
エンミ強い味付けの中、
一体感ある一杯にはなっているんだけど、
椎茸の香りがこれに負けじと顔を出す。
イイなぁ〜
アクセント的な隠れキャラといった感じで、
こりゃ、なかなかイイぞ。

 

 

 

 

箸は止まらずに食べ進み、
野菜でボリューミーには感じていたけど、
食べれちゃうもんですね。
モチのロンで完食ですよ。

 

 

 

 

賑わっていて、
人気度の高さを感じさせる店でしたよ。

 

( ^ω^ )

 

 

 

掛川市

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2022 All Rights Reserved.