ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

神奈川県

日陰【海老ワンタンメン】@神奈川県川崎市

投稿日:

 

 

ぬ゛ぁ?

 

マヂか?
マヂか?
マヂか?
なんだこれ?
こんなの初めて食べたぞ!
スゲーわ!
スゲーわ!
スゲーわ!
こりゃあ、衝撃なんだわ!

 

 

 

 

似たようなラーメンが多くなってきた今、
こういう一杯を食べたりすると、
イイ意味での刺激を受けるなぁ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日はミステリーツアー。

自分で目的地を決めるのって、
どうしても志向の偏りは否めずなので、
違う視点から楽しみたくもあり、
店はもちろん、
エリアもお任せしてのミステリーツアー。

緊急事態宣言が明け、
状況を見ると全体的に落ち着いてきていて、
ま、それでも一気に解放感爆発とはいかず、
これまで通り十分な対策をしつつ、
小さな車でどこまでも行く方、
(仮)エルフさんに運んでもらい、
とにかくとにかく東進東進。

東名

海老名サービスエリア

高速道路を下り、
有名ジロー店前の行列を見て、

豚星。

て、朝ラージロー???と驚かされ、
着いたるはどこか全く分からない場所。

 

 

 

 

ここはどこですのん?

地理的にどこに着いたのか?
どこの店に行くのか?
どんな答えを見つけるのか?
どんな答えが待ってるのか?

 

ああああああああ!

 

この街に飲み込まれたプリテンダーか?

 

 

 

 

とにかくとにかく、
なすがぱぱに連れら・・・あ、いや、
なすがままに連れられ、

え?
まさかコメダ?

コメダ

あ、ラーメンつけ麺って書いてある店?

日陰の周辺

日陰の周辺

違うんだ。

 

 

 

 

あ、そこ?

へ?
ラーメン?

日陰の外観2

ん?
ん?
ん?

店名が見当たらないぞん。

日陰の案内

日陰の外観4

先客は2人で、
次いでひとりで・・・

あ、寄ってきたぞ。

へ?
へ?
へ?

 

 

 

 

うわぁッ!

 

ちゅーきっつゎぁん!

 

静岡を離れ、
このエリアに赴任している方で、
どうやらエルフさんが連絡してたようで、
久々の再会に話が弾む。

日陰の外観9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはそれとて、
ここはどこ?

店名が見当たらないジャマイカ!

日陰の外観3

意地でも探してみるよ。
どっかに店の名前を。
向かいのサイン。
テント裏の跡。
こんなとこにあるはずもないのに。

日陰の外観5

日陰の外観6

日陰の外観7

日陰の外観8

ワンモアワンスーチャンス。

 

 

 

 

いやいやいや、
ミステリーツアーではあるけど、
ここまで来たら店名だけでも知りたい。

 

 

え?

 

それ、店名ですのん?

 

となると、
閉じられたシャッターが開いたら、
そこに店名が記されているんだろか?

開店は11:30らしく、
そっか2時間弱前の到着だったんだ。
結構早くに着いて並んでいたのね。

列は連なって30人くらいは居るかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お?

 

シャッターが開いたぞ。
暖簾が掛かるぞ!
20分ほど早く暖簾が掛かったぞ!
手書き文字の暖簾だぞ!

2021年1月12日オープンの新店だぞ!

 

 

 

【日陰(ひかげ)

(神奈川県川崎市幸区南加瀬4-16-2)

日陰の外観10

店内は右に厨房があり、
それを囲むL型カウンターがあるんだけど、
使われてるのはストレートI型の部分のみで、
7席ほどが設けられていて、
その1巡目に入ることが出来た。
忌野清志郎の曲が流れている。

 

メニューはこちら。

日陰のメニュー

カウンター後ろの壁に札が掛けられていて、
一応聞いていたのは塩がメインで、
「濃口」で醤油味、
「辛口」でラー油味になるそうで、
そりゃ、もちろん、
基本的な塩を抑えるべきでしょ。

でもノーマルに加え、
チャーシュー増し、海老ワンタンとあり、
どうしたものか?と思案思案で、
気になった海老ワンタンを注文。

調理風景を眺めながら待ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぬ゛ぁ?

 

おもむろに取り出され、
はかりで計量される太っとい麺!
どどどどど太い極太麺!

何だありゃ?
うどん?

 

目が点となり、
フリーズ状態で凝視してしまっていると、
今度はそれを揉みだす。

 

 

ぬ゛ぁ?

 

 

むにゅう〜むにゅう〜

手の平が埋まるかの如く押し潰され、
見るからに柔らかく変形したかと思うと、
それが鍋に入れられて踊る。

何だありゃ?

丼にタレが入れられる。
あ、あれは濃口、
あれはラー油だな、
てことは、あれは塩か。

 

 

ぬ゛ぁ?

 

 

マヂか?
マヂか?
マヂか?

注がれたスープは透き通った清湯!
あの太さの麺に清湯?

 

 

え?
何?
何?
何?

バランスからしたら白湯だったり、
しかも粘度あるスープじゃないの?
清湯にあの極太麺???

 

 

頭の中は混乱し、
錯乱してしまい、
そんな中、
ワンタンが包まれていく。
注文を受けて包むんだ!

 

 

何だ?
 何だ?
何だ?

 

 

もう、どんな一杯なのか想像が出来ず、
もう、期待でしかない。

店主は色々な経歴を重ねていて、
どこそこ出身だとかチラッとは聞いたけど、
そんなことはどうでもよく、
目の前の調理風景は期待でしかない。
期待しかないのよ。

 

 

 

 

 

【海老ワンタンメン】¥900

日陰「海老ワンタンメン」

 

 

なるほどなるほどなるほど!

 

こうなるんだぁ〜

白き丼に淡き琥珀色のスープがたたえられ、
そこから透けて見えるのは極太なる麺で、
僕、うどんを食べに来たの?
そんな気にさせる。

日陰「海老ワンタンメン」

トッピングに配されているのは、
提供直前でざっくりざっくりと切られ、
ざっと載せたように見えたけど、
キレイにズラして並べられたチャーシュー、
注文が入ってから包まれた海老ワンタン。

透明感ある皮だなぁ〜

中央には白ネギ、青ネギと、
見た目はラーメンではあるんだけど、
どう見てもうどんのように感じるし、
そう思わせる表情をしている。
頭の中は混乱するばかりなり。

 

 

ま、ま、ま、
それでも口にしてみないと分からないし、
そもそも連れて来られたからには、
きっと何かがあるはず。

鶏油やや多めのスープ、
軽くちゃぷちゃぷしてひと口。

日陰「海老ワンタンメン」スープ

 

 

 

 

お!

 

鶏魚介による清湯の塩味といった感じで、
いりこなどの魚介が強く出ていて、
エンミはやや高めではあるけど、
旨みも高いので気になるものでなく、
むしろこの極太麺に合わせるには、
このくらいのエンミ高は必要だろな、うん。

てか、旨いな。

遠くにふっと生姜の香りを感じ、
その旨みをじっくりと味わうべく、
ふた口み口とレンゲを重ねる。
ニヤける。

 

 

 

 

同行者の顔を覗き込んでみると、
ニヤけてしまうのを堪えているのが分かる。

ニヤけてしまいなさい。
楽になりなさい。

 

(゚∀゚)

 

 

 

 

さて
それだけで驚いてばかりもいられないので、
そろそろ麺をイってみよう。

日陰「海老ワンタンメン」麺

てか、あまりの太さに笑ってしまうぞ。
なんだ?この麺。
ラーメンの麺ってんじゃなくて、
うどんだよな。

いや、ほうとう? 刀削麺?

 

 

ともかく過去において、
これだけ厚みある極太縮れ麺は記憶になく、
僕、何を食べに来てるんだろ?

頭の中は混乱するばかりなり。

 

 

 

口にしてみると、

 

 

 

ぬ゛ぁ?

 

マヂか?
マヂか?
マヂか?
なんだこれ?
こんなの初めて食べたぞ!
スゲーわ!
スゲーわ!
スゲーわ!

 

 

表面はふぅわり柔らかくヌメリ感があり、
もっちりと歯に絡みつき、
てか、歯に貼りつく感じで、
もちもちむにむにとした歯応えがあり、
それに驚くファーストタッチから、
スープがあったことに気づく。
それほどまでに麺の衝撃はデカい。

直前の手揉みによって、
ランダムな縮れが口の中で暴れ、くすぐり、
強めのエンミのスープを絡ませ、
その旨みや食感がいっぱいに広がり、
とにかくとにかくタマラナイ。

クセになるほどに楽しく、
その世界観にどっぷり引き込まれ、
夢中になって食べ進ませる。

 

 

こりゃあ、旨いぞ。

白ネギ、青ネギが絡んできて、
ざくざくと変化を付けてくるけど、
食感の違いが大きいにも関わらず、
それがまたリズム感を生んで楽しい。

イイなぁ〜

 

 

チャーシューをイっちゃおう。

 

おほッ!

柔らかいぞ!

ほろっとトロけるように柔らかく、
脂もとろんとしていて、
臭みはもちろん無く、
その旨みを食感と共に楽しめる。
チャーシュウメンにしたくなる気が分かる。

 

 

 

 

さ、海老ワンタンをイクぞ。

日陰「海老ワンタンメン」海老ワンタン

 

 

エビ!

 

 

明らかに分かるほど皮から餡が透けて見え、
そこんとこを中心にかじってみると、

 

ぷりっ!

 

いや、エビを表現する時に、
誰しもがそう表現しちゃってて、
あまりに面白くない表現ではあるんだけど、

 

ぷりっ!

 

それしかないんだよなぁ〜

旨みと食感を楽しませるよう、
粗めと細かめに挽かれていて、
これに生姜の香りが付けられて、
その甘みある風味が一気に広がる。

んでもって、
皮がとにかく柔らかい。
唇を、舌を、口の中をさわっと、
それはシルクでくすぐるような、
まさに雲を呑むような感覚で、
ちゅるちゅるちゅるんと滑り込んでくる。

こりゃあ、気持ちイイなぁ〜

 

 

 

 

視覚から入り、
味覚はもちろんのこと、
聴覚、嗅覚、触覚の五感をフルに感じさせ、
とにかくとにかく食べていて楽しく、
飽きさせずに食べさせる。

エンミの蓄積により、
ややしょっぱさを感じ始めるも、
小っちゃいことは気にするなって感じで、
ワカチコワカチコって感じで無問題。

スープは残したくなく、
でも遠くまで来たので飲み干しは躊躇うも、
ゆっくりゆっくりと惜しみながら、
ゆっくりゆっくりと味わいつつ、
完全スープペロリの完スペフィニッシュ。

日陰「海老ワンタンメン」完スぺ

 

 

ふぁ〜

楽しんだわぁ〜

 

ε-(´∀`; )

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その場で支払いを済ませて店を出ると、
めいめいの感想が溢れ出てきて、
それを機にエルフさんも情報を解放し、
ミステリーツアー一発目の種明かしをする。

なるほどなるほど、
これだけの列が出来るのも当然だよなぁ〜

などと思っていると、
店主が出てきて行列最後尾に向かう。

 

 

何何何?

 

 

確認してみると、
「終了しました」のポールが置かれた。

え?

数えてみると50人強くらいの人数で、
そこで売り切れとなるみたい。

 

 

 

 

そっかそっかそっか、
早めに来て待ったけれど、
待った甲斐があったし、
食べられて良かったわ、うん。

 

 

 

 

いやぁ〜
情報ってネットに溢れまくっているので、
否が応でも入ってきちゃって、
それを全て鵜呑みにはしたくないので、
詳細を事細かに調べるのではなく、
大枠だけにするようにしてるつもりだけど、
今回は情報を得なかったことで、
新鮮な気持ちで目の前の一杯に向き合い、
食べることが出来たのは良かった。

イイ店だったわ。

 

 

 

ちゅーきっつゎぁんとはここでお別れ。

 

 

またね。 ( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この店とあの店どっちがイイ?

 

次の店は選択性でもって、
戻るような形で違うエリアに移動。

横浜

 

 

お?

 

 

日陰に続いて日向を発見!

横浜

なんてネタを仕込んではみたものの、
後で調べてみたら、
同じ感じではあるけど読み方が違く、
“ひなた”ではなく“ひゅうが”だった。

 

 

ま、ま、ま、
そんなことを挟んで次に向かうのであった。

 

 

神奈川県

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2021 All Rights Reserved.