ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

神奈川県

くまもとらーめん ブッダガヤ【ブッダガヤ】@神奈川県小田原市

投稿日:2019年12月26日 更新日:

 

年末年始休暇情報

 

埼玉からの帰り道、
町田方面辺りを攻めてみようかと思案思案。

 

Google先生に確認すると、
首都高渋谷経由で東名へのルートを表示。

 

なるほどなるほど、
久しぶりの首都高だなぁ〜と、
時間に余裕があったこともあり、
のんびりと音楽を聴きながら走っていると、
何かおかしいことに気付く。

 

あれ?
到着時間が減っていっていない。

 

いや、てか、
画面がフリーズ状態じゃないかジャマイカ!

 

やいやいやい。
トンネルを走ってはいたけど、
Spotifyは使えてて電波は正常だったんで、
まったくもって油断してたけど、
GPS機能は働いてなかったみたい。

 

 

YAVAッ!

 

 

ま、でもトンネル内で機能は回復せず、
走り続けて行くと光が見えてきて、
やっと外に出たんだけど、
目の前には海上コンテナを運ぶキリンの列。

 

あらぁ〜、
海じゃん!
羽田空港じゃん!

 

デジタルの弊害を感じつつ、
頼ってばかりいるといけないと、
アナログで経験値で走り進めていく。

 

目標にしていたところはもう諦めよう。
行き先変更だッ!

 

 

 

 

更に走り続け、
東名・海老名サービスエリアで休憩し、
イイ香りの屋台にココロくすぐられつつ、

くまもとらーめん ブッダガヤへの道中

くまもとらーめん ブッダガヤへの道中

くまもとらーめん ブッダガヤへの道中

くまもとらーめん ブッダガヤへの道中

くまもとらーめん ブッダガヤへの道中

くまもとらーめん ブッダガヤへの道中

コーヒーだけでガマンしつつ、

くまもとらーめん ブッダガヤへの道中

更に走り続けての到着。

 

 

【くまもとらーめん ブッダガヤ】

くまもとらーめん ブッダガヤの外観

くまもとらーめん ブッダガヤの外観

もうね、
何度通ってるんだろ?

豚骨白湯を出す店はいくつもあれど、
この味が近くには見当たらず、
何度も何度も通ってしまっている。

くまもとらーめん ブッダガヤの外観

それほどまでに魅力的な店なんだわ。

 

駐車場は道路を隔てた斜め前に、

くまもとらーめん ブッダガヤへの駐車場

「山重パーキング」に専用分があり、

くまもとらーめん ブッダガヤへの駐車場

以前より増えて4台が確保されている。

くまもとらーめん ブッダガヤへの駐車場

くまもとらーめん ブッダガヤへの駐車場

くまもとらーめん ブッダガヤへの駐車場

駐車番号2、3、13、17がそれで、
名前を書いたインターロッキングが置かれ、
パッと見で分かるようにはなっている。

間違って置かないように、だね。

 

 

暖簾をくぐりての入店すると、
その香りだけでワクワクしちゃう。

カウンター7席、
テーブルは2席の小さいもの1脚、
6席ほどの大きいものが1脚あり、
賑わっていて若い女性も見られる。

ほぉ〜
食べられるんだねぇ〜 (・∀・)

くまもとらーめん ブッダガヤの内観

 

 

さてさてさて、
めにゅーはこちら。

くまもとらーめん ブッダガヤのメニュー

一応眺めはするものの、
いつもの一杯にしましょかね。

くまもとらーめん ブッダガヤのメニュー

調理が進められていて、
なかなか注文出来ずに待ってると、
「はい?」注文を促されたので、
「らーめん!」と応えての調理待ち。

 

 

【くまもとらーめん???】

 

 

 

 

おりょ?

 

 

 

 

いつもの一杯・・・とは表情が違う。

トッピングがやたら多いし、
同時提供の隣客の分と間違えたかな?

あれ?
そうではないみないだぞ。

てことは、
僕のが間違えられているのかな?

 

 

 

 

一応違ってる旨を伝えると、
作り直しますよと引き上げられる。

いや、待てよ、
でもそれ棄てちゃうならもったいない。

「あ、お母さんイイよ。それ食べるよ。」

急いで返してもらい、
それを食べることにします。

くまもとらーめん ブッダガヤのメニュー

 

 

 

 

【ブッダガヤ】¥1,050

くまもとらーめん ブッダガヤ「ブッダガヤ」

そう、店名を冠する一杯で、
いつかは食べてみたいとは思ってたけど、
遠出するからには、
あちらこちらの店を巡りたく、
となると、
必然的に量を抑えて食べたくあって、
食べる機会が無かったのよね。

こんなことでもないと、
ずっと食べれなかったかもしれないから、
ま、イイ機会だったかもしれないな。

くまもとらーめん ブッダガヤ「ブッダガヤ」

生キャベツの下には、
味玉、角煮なんかが見える。

 

まずはスープをひと口。

くまもとらーめん ブッダガヤ「ブッダガヤ」のスープ

 

むふぅ〜 (*´꒳`*)

 

やっぱ美味いよなぁ〜

生キャベツなどで温度低下は否めずだけど、
柔らかな豚骨白湯は甘みがあり、
その臭みをも旨みとする香りがタマラナイ。

重たさはなく、
まったりと舌に絡んできて、
そこに加わるマー油は苦味があり、
相乗効果によってバツグンに美味くなる。

鼻から抜けていく臭みある豚骨マー油に、
もぅ、ニヤけないわけにはいかない。

 

あぁぁああ、タマラナイ!

 

合わせるは中細麺。

くまもとらーめん ブッダガヤ「ブッダガヤ」の麺

ポキポキと硬めの歯応えで、
スープには負けない力強さがあり、
一体感もあるのでニヤニヤしちゃうべさ。

ズズッ!ズズッ!

鼻から抜け続ける香りの連打に、
僕はKOされそうさ。

 

キャベツの瑞々しき食感で箸休め。

 

角煮はデカいね。

くまもとらーめん ブッダガヤ「ブッダガヤ」のチャーシュー

ほろりと柔らかく、
脂もとろりと柔らかいんだけど、
思ったほどのクドさは感じずで、
コレ、イケるな。

隠れてた茎わかめも現れたぞ。

くまもとらーめん ブッダガヤ「ブッダガヤ」の具材

味玉は意外に強めで、
ハッキリとした味付けがされているわ。

 

 

うんうんうん、
この勢いを止めてしまうのは、
なんだかしのびなく、
ゆっくり丼を傾けての完スペフィニッシュ。

くまもとらーめん ブッダガヤ「ブッダガヤ」の完スぺ

 

あぁぁああ、
やっぱ美味いよなぁ〜
美味いと思うんだよなぁ〜

 

だってさ、
神奈川県は小田原までさ、
何度も何度も通ってしまってるってのはさ、
やはり惹かれるものがあるからなのよね。

思い浮かべちゃうと、
無性に食べたくなる中毒性があるんだもの。

それって、
美味いってことだと思うんだな。

 

 

 

 

あぁぁああ、
今度はいつ食べられるかな?

 

 

 

 

年末年始休暇情報

 

神奈川県

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2020 All Rights Reserved.