ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

藤枝市

ちっきん【120%煮干らぁめん・つけめん】@藤枝市

投稿日:2021年8月31日 更新日:

 

 

「飛ぶぞwww」

 

推された一杯がある。

あああああ
そうねそうねそうね、
食べたい一杯があるので、
食べたい一杯にするだろうけど、
ま、頭の片隅に置いておくことにしよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっとのタイミングで向かったの。

ありゃ?
大ちゃんじゃなくなって、
鶏+たすになったんだ。

ちっきんの周辺

トリタス?
トリタスタス?

ちっきんの駐車場2

そんなことを思いつつ、
前向きに、
前向きに、
前向きに駐車をして店に向かう。

 

7月後半のあちぃあちぃ頃、
昼時を前に更に気温は上がり、
空気が歪んでいくような状況下、
外待ちの列に加わるも、

 

あぢぃあぢぃあぢぃ!

 

額から頭から腕からあちこちから汗が滲み、
こんな時にはラーメンでなく、
その推された一杯にしよう!
そう思ってイメージを膨らませ、
ある意味気持ちを紛らわせていたんだけど、
列は動く気配が無く、
20分ほど待つも列は動く気配が無く、

 

もうダメだ!
無理だ!
倒れそうだ!

 

心理的はもちろん、
生理的ギブアップで列を離脱。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

再訪の機会は約1ヶ月後。

ちっきんの駐車場5

ちっきんの駐車場6

ちっきんの駐車場4

今度は耐え得るべく、
水分補給やタオルの準備をして向かう。

ちっきんの外観

 

 

 

【ちっきん】

(藤枝市田中2-13-6)

ちっきんの外観

 

 

 

 

ノーゲスじゃん!

ちっきんの駐車場案内

この“ご時世”が悪化して、
飲食業に負担を強いられる状況となり、
それは客側の心理的要因ともなって、
大人しくしようと行動制限したようで、
まさかの外待ち無しのダイレクト入店。

僕としてはラッキーな状況ではあるけど、
店側としてはアンラッキーな状況だよなぁ〜
どうなることやら。

ちっきんの案内

不安はさることながら、
経済的観点からしても、
僕のお腹的観点からしても、
食べずにはいられない。

ちっきんの限定案内

限定案内をちらっと見つつ、
レギュラーメニューを見つつ、

ちっきんのメニュー1

ちっきんのメニュー2

ちっきんのメニュー4

ちっきん「120%煮干らぁめん・つけめん」イラスト

推されていた一杯に狙いを定め、

 

あああああ

 

餃子はいつになったら食べられるんだろう?

ちっきんのメニュー3

などと思いつつ、
注文しての調理待ち。

ちっきんの内観

後客が徐々に増え始め、
席が埋まり出したので、
空いたカウンターに移動させてもらい、
更に更にの調理待ち。

ちっきんの内観

 

 

 

 

 

【120%煮干らぁめん・つけめん】¥980

ちっきん「120%煮干らぁめん・つけめん」

はいはいはい、
これが推されていたつけめんなんですね。

つけ自体、そんなに食べる方ではないので、
他店でも同様なんだけど、
記憶が確かならば、
ちっきんでは初だと思う。
うん、多分、おそらく、きっと、そう。

ちっきん「120%煮干らぁめん・つけめん」麺

麺の上にはチャーシュー、メンマ、味玉、
これはおひたし状の水菜かな?
それと白ネギを載せている。

ちっきん「120%煮干らぁめん・つけめん」麺

麺はラーメンと同じものかな?

冷水で締められたもので、
艶やかな肌をしている。

ちっきん「120%煮干らぁめん・つけめん」つけ汁

つけ汁はアツアツで、
こちらには具材は一切入っておらず、
油だけが浮いているのみ。

ちっきん「120%煮干らぁめん・つけめん」つけ汁

これに麺を落として口にすると、
ほんのりとした甘み、
相反する煮干のほろ苦き香りがする。

ややしょっぱめの醤油感なれど、
粘度があって絡むわけでなく、
麺肌もつるんと滑らかなので、
ノってきにくく流れがちなので、
気持ち長めに浸けて、

ずずッ!

勢いよく啜り上げることで解消。

スープをしっかり持ち上げ、
ぷりっ、もちっとした食感と共に、
その旨みを口の中で広げる。

 

 

ふんふんふん
ラーメンでは食べたことある煮干なれど、
つけ煮干もイイなぁ〜

 

 

気に入ってしまうと、
同じものを繰り返すリピートが多いけど、
たまには違うものを食べると、
新たな発見があってイイなぁ〜

ずずッ!
ずずッ!

だいぶ慣れてきたぞ。
イイぞ、イイぞ、イイぞ。

ずずッ!
ずずッ!

それが心地良くすらなってくる。

 

麺量はラーメンの130gより多い200gで、
ラーメン大盛に当たるんだろうけど、
つけめんの大盛は270g。

うん、全然イケちゃいそうだよなぁ〜
それもアリだよなぁ〜

などと思いつつ、
トッピングへ移行しよう。

ちっきん「120%煮干らぁめん・つけめん」チャーシュー

チャーシューは巻きバラ。

外周は濃い色に染まっていて、
これを口にすると醤油がじわり、
肉の旨み、脂の甘みがじわりと滲み出る。
2枚あったので、
1枚はつけ汁に入れて熱を加えると、
肉は柔らかくなり、
脂は強調されるような感じで、
温冷を楽しむってのも面白い。
メンマは出汁が溢れ出し、
ポキポキと小気味イイ食感。

味玉も挟みつつ、
白ネギや水菜は徐々に解き放たれ、
麺に自然と絡んできて変化を与えてくる。

ちっきん「120%煮干らぁめん・つけめん」味変

ちょっとイタズラしてみようかな、と、
黒コショウを麺に落としてみると、
あ、うん、この味変もアリだな。
楽しめる。
楽しめる。
楽しんで麺終了。

あっさりと食べれてしまった。
つけ汁は残る。

ちっきん「120%煮干らぁめん・つけめん」完食

ん〜ん
メニューに明記は無く、
アナウンスも無かったけど、

 

 

「割り出来ます?」

 

 

声掛けをしてみると、
対応をしてくれるようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

湯呑みじゃあないですか!

ちっきん「120%煮干らぁめん・つけめん」割り

つけ汁への投入を前に、
そのままを口にしてみる。

 

うわぁ〜

煮干じゃ〜ん!

 

タレ無しの煮干出汁なれど、
エンミが程良く効いていて、
いやぁ〜
割らずにこれだけを楽しみたいなぁ〜
しみじみとそれを味わい、
うへへへへへ
ココロの中ではニヤけつつ、
あ、そういやぁ〜
WILD×GOLD×熟成ってあったよなぁ〜
変態仕様の限定だったけど、
アレをまた食べてみたいよなぁ〜

などと、
ふいに思い出しつつ、
つけ汁に投入しての割り。

ちっきん「120%煮干らぁめん・つけめん」割り

煮干×煮干で合わないわけなく、
スープ割りと言うよりも、
追い煮干といった感じだわね。
変態チックに味わっちゃうのさ。

ちっきん「120%煮干らぁめん・つけめん」スープ割り

てなことで、
モチのロンで完スペフィニッシュ。

ちっきん「120%煮干らぁめん・つけめん」完食

今までその存在は知ってはいたけど、
頼むことのなかった一杯。

たまには推された一杯ってのもイイなぁ〜

新たな発見が出来たばかりか、
こりゃまた食べたい候補に上ったわ。

 

 

 

 

うむむむむ
面倒なことになりましたぞ。

 

( ̄▽ ̄)b

 

 

 

 

藤枝市

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2021 All Rights Reserved.