ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

浜松市中区

会員制ラボラトリー【コース料理】@浜松市中区板屋町

投稿日:2021年3月10日 更新日:

 

いわゆる“夜ラボ”

通常の昼営業とは違い、
会員を対象として、
現在は1組だけの予約で行なわれている。

直前ではあったけど、
ティータダさんから声掛けをいただき、
なかなか機会が無いので、
そういう機会は活かさにゃ!と思い、
参加の意思表明をする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当日。

夜好性ではあるんだけど、
年々弱くなっている感はあり、
普段とは違う風景にワクワクはするも、
早めにそれを堪能したくある。

 

 

 

 

遠州鉄道・第一通り駅から東へ、

会員制ラボラトリーへの道中

照明は落とされているけど、

会員制ラボラトリーへの道中

のぼり旗や案内はそのままの状態。

会員制ラボラトリーの外観

「CLOSED」の札はあるものの、
ドアが開くのは知っている。

 

 

 

【会員制ラボラトリー】

会員制ラボラトリーの外観

会員制ラボラトリーの外観

そのドアを開けると、
温かく迎えてくれる声掛け。

左手には消毒液が用意されているので、
揉み揉み揉みってしての入店。

会員制ラボラトリーの消毒液

この日は主催者含め、
1人減っての4人が集まっての合流で着席。

ひとりは何度か会ったことあるので、
ほぼぽぽ気兼ねしなくて良さげだけど、
ひとりは面識が無かったので、
人見知りの僕としては苦手な空気感だけど、
ま、ま、ま、何とかなるでしょ。

てか、
タコスも食べに行ってみようかな。

会員制ラボラトリーのメニュー

 

 

 

【烏龍茶】

会員制ラボラトリー「コース料理」烏龍茶

ホントは呑みたいとこだけど、
調整は出来ずで断念し、
ノンアルで乾杯。

今回はコース料理なのだそうで、
何が出てくるのかは僕には不明。

基本的には魚はもちろんながら、
最後は麺かしら?

会員制ラボラトリー「コース料理」烏龍茶

 

 

 

【本メジと大根の煮物】

会員制ラボラトリー「コース料理」1

 

お゛?

 

まず提供されるは煮物。
意表を突く煮物。

会員制ラボラトリー「コース料理」2

魚はもちろん、
大根にもしっかりと味が染みているぞ。

 

 

 

【鶏内臓】

会員制ラボラトリー「コース料理」3

フランス原産磐田育ちのプレノアールで、
絞めて間もないとのことながら、
この日以降に肉を含め加工され、
後日提供されるとのことで、
つまりは見せびらかし。

手前に写るはレバーとハツ、
奥は砂肝で、

 

あああああ、
宮崎県を思い出すぅ〜

 

宮崎市内【天祥】だったかな、
地鶏「地頭鶏(じとっこ)」を提供の店で、
鶏の炭火焼きはもちろん、
肉や内臓の刺身を食べたことがあって、
臭みなくて、
レバーは舌に密着するよにトロけ、
ハツはぷりっとした食感が楽しかったな。

熱が入るとももの方が好きだけど、
刺身だと胸の方が良かった。

 

あああああ、
宮崎に行きてぇぇぇぇッ!

 

それが旨かった記憶が呼び起こされたぜ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

な゛

握りが出てきたぞ。

 

 

 

【天然のヒラメの握り】

会員制ラボラトリー「コース料理」4

 

 

 

【金目鯛の握り】

会員制ラボラトリー「コース料理」5

 

 

 

【ホタテ】

会員制ラボラトリー「コース料理」6

 

 

 

【ホッキ貝】

会員制ラボラトリー「コース料理」7

いやいやいや、
怒涛の寿司ラッシュだ!

なんともまぁ、
ただの海鮮好きの僕としては嬉しい限り。

ホッキ貝なんて、
それ自体はもちろん、
海苔の風味が強く、
離れていても香りが鼻をくすぐる。

 

 

 

【ウニ】

会員制ラボラトリー「コース料理」9

んでもって、
〆は寿司飯無しのウニ包みで、
苦み無く、
甘みあるトロけるようなウニの旨み、
そこに海苔の風味が重なり、
こりゃあ、贅沢だわ。

 

 

 

【金目鯛のカブト煮】

会員制ラボラトリー「コース料理」8

意表を突く攻撃はまだまだ続き、
まさかのカブト煮。

醤油がしっかりと、
しょっぱいくらいに染み込んでいるも、
それに負けじと旨みが滲み出てくる。
ゴボウも力強いな。

会員制ラボラトリー「コース料理」10

煮汁を後で口にしてみたところ、
甘じょっぱい旨みがあり、
単純に白飯に掛けて食べたいほど。

 

 

 

【イトヨリの鍋】

会員制ラボラトリー「コース料理」12

まさかまさかの意表突きは鍋。

調理前に見せてくれた切り身は、
鯛らしきピンクの皮に黄色い線が入るもの。

会員制ラボラトリー「コース料理」11

キレイだわ。

 

これを鍋にしてくれて、
ミキティーが取り皿によそってくれる。

会員制ラボラトリー「コース料理」13

さくっ、ふぅわりとした白身で、
甘みある出汁がまた旨い。

おかわりしちゃって、
黒七味をちょちょんと振り入れ、
出汁と辛みとのコラボを楽しむ。

会員制ラボラトリー「コース料理」14

会員制ラボラトリー「コース料理」15

イトヨリダイの骨も、
うりゃうりゃと身を外してはむはむはむ。

会員制ラボラトリー「コース料理」16

頭はアレを取るべく、
エラ付近をこねこねこねで、
上手く取り出したるは“鯛の鯛”

会員制ラボラトリー「コース料理」17

会員制ラボラトリー「コース料理」18

なんかイイことありそうだわ。

 

残る出汁にはゴハン投入で、
雑炊にしてもらい、
そのままでぱくぱくぱく、

会員制ラボラトリー「コース料理」19

七味と白ゴマを入れてぱくぱくぱく、

会員制ラボラトリー「コース料理」20

金目鯛の煮汁を掛けてぱくぱくぱく。

会員制ラボラトリー「コース料理」21

で、完食。

 

 

 

 

もうお腹に入りません。
満腹です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

静かな会話を重ねる時間を過ごし、
程良いタイミングでの席を立ち、
¥5,000ちょっとだったかな、
個別に支払いを済ませての退店。

会員制ラボラトリー「コース料理」22

うん、
有意義な時間が過ごせた気がするなぁ〜
良かったわぁ〜

昼ラボはもちろんながら、
更に実験室の色合いが濃い夜ラボもイイぞ。

 

 

 

 

うん、次は呑みながら楽しめたらイイな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

む゛

 

 

麺を食べてねぇぇぇぇぇッ!

リルレロぉぉぉぉぉぉぉッ!

 

( ゚д゚)

 

 

浜松市中区

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2021 All Rights Reserved.