ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

浜松市中区

らーめん 藍麻翔【ちゃーしゅーわんたんめん】@浜松市中区泉

投稿日:

 

年始年末休止情報を引用ツイートしてくれ、
“また来年も逢いましょう”と結ばれて、
“マタアイマショウ”と返したんだけど、
“来年ものんびりお越しください”と返る。

 

 

僕は天邪鬼。

 

 

翌日は大晦日で、
年内最後の営業日で、
狙えないわけではないし、
来年来年と繰り返されちゃうと、
押すなよ!
押すなよ!とダチョウ的流れで、
逆に今年来いよ!
なんて意味にも感じられ、
面識があるわけでもなかったけど、
こっそりと食べに行こうかと思案思案。

 

 

サプライズ感は嫌いじゃない。

 

 

【らーめん 藍麻翔(あいましょう)

らーめん 藍麻翔の外観

風が強い日で暖簾が返っちゃってるけど、
晴れた青空は気持ちがイイ。

 

さてさてと暖簾をくぐりての入店で、
カウンターのいつもの角席を狙うも、
今回は先客が居たので端席に腰を落とす。

 

メニューはこちら。

らーめん 藍麻翔のメニュー

らーめん 藍麻翔のメニュー

単品、セット、ランチもあったり、
書いてはないけどセットは差額対応OKで、
あれもこれもで迷ってしまうな。

ま、でも“人気No.1”を再び、

らーめん 藍麻翔のメニュー

そして12月末まで限定の無料券があって、

らーめん 藍麻翔

画像を見せたらもらえるんだそうで、
せっかくだからいただいてみたいな。

らーめん 藍麻翔のメニュー

と、頼んでの調理待ち。

 

 

 

 

【ちゃーしゅーわんたんめん】¥900

らーめん 藍麻翔「ちゃーしゅーわんたんめん」

人気No.1とあらば気になる一杯だし、
以前食べて気になることもあったりで、
また食べてみたくはあったし、で今回再び。

 

まずはその見た目が変わったよね。

その名の通り、
チャーシュー、ワンタンはもちろん、
他にメンマ、青ネギを並べている。

らーめん 藍麻翔「ちゃーしゅーわんたんめん」

レンゲは見直しにより新しいタイプに変え、
丼フチに添えることで見た目に遮らず、
盛り付けを魅せれるようになった印象。

らーめん 藍麻翔「ちゃーしゅーわんたんめん」

以前に気になることを書いたけど、

https://tadanoramenzukiblog.com/20190719aimasyou/

ひとつの感想や意見を真摯に受け止め、
是々非々の考えでの対応、
改善に取り組む姿勢は好感が持てるし、
そういう店は割と注目されてる気がするな。

らーめん 藍麻翔「ちゃーしゅーわんたんめん」のスープ

でもって、
背脂びっしり浮かぶスープはアツアツ。

「らーめん」「昔ながらのらーめん」と、
醤油系はこれを含め3種あるようだけど、
この一杯だけは違うのだそうで、
マイルドな口当たりで、
甘みがあってエンミ強くない醤油感。

膨らむ旨みから去り際に感じるものもあり、
これら何だろう?と思いながらに麺へ。

らーめん 藍麻翔「ちゃーしゅーわんたんめん」の麺

緩い縮れの入った細麺を合わせていて、
啜り上げやスープのまといは良く、
ぷりっとした弾力にしこしことした歯応え。
相性はイイよなぁ〜

 

チャーシューはバラ肉を使用。
ほろりと柔らかくほぐれ、
脂身もとろんと溶け、
枚数はあるんだけど食べた感は薄いかな。

らーめん 藍麻翔「ちゃーしゅーわんたんめん」

ワンタンはちゅるんとした皮、
程良い餡の量でひと口で食べられ、
その喉越し感はイイな。

 

 

【甘酢味付けからあげ】¥300

らーめん 藍麻翔「甘酢味付けからあげ」

ひと口ふた口サイズの唐揚げに、
青ネギが載せられた一品。

カリッとした揚げ方で、
ジュワッとジューシーな肉質、
甘みがやや強めの酢を効かせている。

らーめん 藍麻翔「甘酢味付けからあげ」

その名の通り甘酢ではあるんだけど、
酸味は抑え気味で、
ちょいと甘みが口に残るかなぁ〜

 

 

 

 

ラーメンに戻り、
ズズッ!ズズッ!と啜り上げる。

今回はセットじゃないので、
麺大盛りにしても良かったかな、うん。

てなことを思いながらの完食。

 

 

 

 

Twitterをやる息子さんでなく、

藍麻翔Twitter➡https://twitter.com/Aimasho2103

お母さんに支払いをして、
スタンプカードを渡して、
千社札シールをもらって、

らーめん 藍麻翔のシール

せっかくだから声を掛けてみたく思えて、
気になったことを訊いてみる。

 

 

「コレって●を使ってます?」

「・・・・・・・・・うふふうふふ」

分かりやすい動揺を見せるお母さん。

 

 

「魚介ですね、うふふうふふ」

分かりやすい動揺を見せるお母さん。

 

 

「レンゲが変わったんですね。」

あ、そこは動揺無くNOうふふね。

レンゲの提供方法見直しのツイートを見て、
そこに引っ掛けてみたんだけど失敗か。

 

_| ̄|○  チーン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ま、ま、ま、
そんなこんなで退店すると、
慌てて出てくるお母さん。

「もしかして、もしかして、そうですか?」

何者かを察したのかもしれず、
「かもしれないですね。」と返してみる。

うふふうふふ (//∇//)

 

 

 

 

マタアイマショウ。

浜松市中区

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2020 All Rights Reserved.