ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

浜松市中区

ラーメン山 まさか【汁なし】@浜松市中区十軒町

投稿日:2021年2月20日 更新日:

 

 

気分はもう戦闘。

 

AKIRAめ・・・諦めようかとも思ったけど、
駐車場待ちしてでも食べたい!
食べたいのだ!

 

 

 

 

せっかくの休日のこの日は小雨模様で、
せっかくの遠出モードはすぐに失せ、
どうしたものか?
STAY HOMEか?
STAY METALか?

ABYMETAL「STAY HOME」

コタツでぬくぬくとしていたんだけど、
ハラヘリヘリハラモードに突入し、
ガッツリモード全開で、
とにかく喰らいたい気持ちが高まる高まる。

 

 

あそこしかない!

 

 

堪えきれなくなって、
気分は金田バイクに乗ったつもりで向かい、
到着はしたんだけど、
予想通りに駐車場は満車で、
駐車場待ちするしかない状態。

 

気分はもう戦闘。

 

AKIRAめ・・・諦めようかとも思ったけど、
駐車場待ちしてでも食べたい!
食べたいのだ!

 

 

抗う麺が

食べたいのだッ!だッ!だッ!

 

 

 

【ラーメン山 まさか】

ラーメン山 まさかの外観

ラーメン山 まさかの外観

駐車場待ちを経ての店前は、
外待ちは出来ておらず、
中を覗いてみると空席もある。

ラーメン山 まさかの案内

ラッキーだわ。

 

券売機前に立つと同時に、
スタッフから麺量の確認がされる。

茹で前300gの麺量で大丈夫か否か?
増す?
減らす?
といった内容で、
ノーマル300gで大丈夫な旨を答える。

で、改めて券売機をじっくり確認。

ラーメン山 まさかの券売機

ラーメン山 まさかの案内

ここんとこ「Fuyukara」を食べてたけど、
提供は2月末までらしいけど、
今回は珍しいパターンで、
一杯というよりも麺を食べたい気分。

麺そのものを食べたい、
否、
喰らいたいのだ!

抗う麺を喰らいたいのだッ!だッ!だッ!

ポチッとな!な!な!

ラーメン山 まさかのセルフ

その横にはセルフコーナーがあり、
水はもちろんなんだけど、

ラーメン山 まさかのセルフ

箸、レンゲ、ティッシュ、爪楊枝など、
諸々一式も必要に応じての準備が必要で、
結局こんな感じで調理待ちをする。

ラーメン山 まさかの内観

正直ちとメンドい。

ま、ま、ま、
それがルールなら従うさ、あたしゃ。
だって喰らいたいんだもの。

ラーメン山 まさかの求人

提供直前の段階で、
ニンニクの有無を確認されるので、
「お願いします、少なめで。」と告げる。

ラーメン山 まさかの案内

 

 

 

 

 

【汁なし】¥850

ラーメン山 まさか「汁なし」

 

 

("⊙∀⊙") ムヒョ~!!

 

 

はいはいはい、
見た目の迫力からすると、
そりゃ、汁ありの方があって、
それは横から見るとよく分かる。

ラーメン山 まさか「汁なし」

登頂するよな山ではなく、
散歩するよな小高い山というボリューム感。
でも破壊力は強いはず。

きっと、そう、多分、そう。

ラーメン山 まさか「汁なし」

トッピング構成は汁ありと同じようで、
もやし、キャベツをベースとして、
チャーシュー、背脂、
そして刻みニンニクを置いている。

汁なしといえど汁はあって、
麺下にそれが見て取れる。

ラーメン山 まさか「汁なし」タレ

汁はあるのです。

熱いうちに混ぜ合わせるべく、
トップをざざっと散らしてたら、
あ、ニンニクは味変効果を期待したく、
最初は混ざらないように気をつけつつ、
底から全体が馴染むように天地返しだ!

 

マーゼマーゼ

ψ(`∇´)ψ

 

しっかりと、
確実に馴染むように、

 

マーゼマーゼ

ψ(`∇´)ψ

 

もひとつオマケに、

 

マーゼマーゼ

ψ(`∇´)ψ

 

 

現れたるは自家製の極太平打ち縮れ麺。

ラーメン山 まさか「汁なし」麺

これが食べたかった、
否、
喰らいたかったのだ!

既に汁、
というかタレはしっかり馴染んでいて、
口にすると、
期待通りの強い歯応えを感じる。

 

コレ!コレ!コレ〜!

ラーメン山 まさか「汁なし」麺

低加水麺は噛むことに抗うかのように、

 

ぐぅぐぅぐぅ!

 

強い噛み応えのもちっとさで、
それに負けじと醤油ダレの強い迫力があり、
共に迫ってくるかの如くのバランス感で、
戦闘モードに突入。

大口を開いて麺を運び込み、
大きく顎を動かし、

 

噛み締め!噛み締め!噛み締め!

喰らう!喰らう!喰らう!

 

もやし、キャベツが絡んできて、
食感に変化を与え、
食欲が刺激されることによって、
更に大口を開いて麺を運び込み、
大きく顎を動かし、

 

噛み締め!噛み締め!噛み締め!

喰らう!喰らう!喰らう!

 

 

ニンニクを徐々に解放し、
麺に絡ませていくと、
辛みと香りが食欲を刺激し、
更に更に大口を開いて麺を運び込み、
大きく顎を動かし、

 

噛み締め!噛み締め!噛み締め!

喰らう!喰らう!喰らう!

 

 

 

 

 

おほほほほ

こりゃ、イイぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お?

 

どこかに生姜が潜んでいたようで、
時折それが顔を覗かせ、
アクセント効果的な働きを見せ、
その香りもなかなか刺激的。
これは面白い。

そのまま食べ進めていくんだけど、
麺に粘りが現れ始め、
味変を試みたくなる。

気持ち的には一味唐辛子を欲するんだけど、
卓上にあるのは黒コショウのみで、
セルフコーナーにももちろん無い。

ラーメン山 まさか「汁なし」味変

そこは妥協するしか手は無く、
これを使うんだけど、
これはこれで刺激的な香りで、
引き締め効果はあって、
味変としての使い方は納得出来る調味料。

ラーメン山 まさか「汁なし」味変

ま、でも、
一味唐辛子も欲しくはあるなぁ〜

 

 

そんなこんなで、

 

噛み締め!噛み締め!噛み締め!

喰らう!喰らう!喰らう!

 

 

チャーシューは厚手に切られていて、
醤油がしっかりと染みていて、
噛み締めると旨みが滲み出てくる。

ラーメン山 まさか「汁なし」チャーシュー

一杯の迫力に負けないような存在感で、
これはイイな。

 

喰らって喰らって喰らって、
最後は背脂が目立つ醤油ダレに怯むも、
喰らって喰らって喰らっての完食。

 

 

喰らい尽くしたぜぇ〜
美味かったぜぇ〜
ワイルドだぜぃ!

 

ε-(´∀`; )

 

 

汁ありと比べると、
汁なしは醤油がダイレクトに効き、
ニンニクを入れることでパンチが増し、
噛むことに抗う極太麺と格闘するようで、
どちらも楽しかったりするので、
気分で変えて楽しむのも手だなぁ〜

 

 

まさかの展開でなく、
確実な戦闘モードに突入出来る【まさか】

 

 

また喰らうのだ!

 

ε≡ ᕦ(ò_óˇ)ᕤ

 

 

 

浜松市中区

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2021 All Rights Reserved.