ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

焼津市

麺屋 てんこちょ【ラーメン】@焼津市

投稿日:

 

コスパ高で、
ほっこりさがある店で、
訪問リストに加えてくれれば・・・

 

そんな主旨の連絡をいただき、
そりゃあ、実食してみなきゃじゃんね?

 

 

 

麺屋 てんこちょの周辺

伊豆半島を眺める海岸を背にするのは、
「ディスカバリーパーク焼津」

麺屋 てんこちょの周辺

麺屋 てんこちょの周辺

その真ん前に位置するのが目的地。

麺屋 てんこちょの外観

2018年7月開店。

 

 

 

【麺屋 てんこちょ】

麺屋 てんこちょの外観

開店の報は目にしていたものの、
いつもの如く、
機を失してしまうと、
その気も失してしまいがちでずるずると。

今回連絡をいただかなければ、
そのままずるずる状態だっただろうから、
ありがたきありがたきです。

 

 

m(_ _)m

 

静岡道楽日記➡ https://suzy.hamazo.tv/

 

 

店内は左側に厨房、
中央付近に「食券」と貼り紙された券売機、
右側にテーブルと、
それを利用したカウンターがある。

麺屋 てんこちょの外観

さてさてと券売機を眺めるも、
やはり基本的な一杯をイクべきだよね。
左上・・・

 

 

 

 

え?

 

 

¥500???

 

麺屋 てんこちょの券売機

サービス品と書いてあるけど、
随分とありがたい値段じゃないのさ。
もちろんそれをイっちゃお!

 

 

 

 

 

【ラーメン】¥500

麺屋 てんこちょ「ラーメン」

 

おおお?!

トッピングにチャーシュー、キクラゲ、
味玉、青ネギ、海苔を配した一杯は、
見るからに濃厚な豚骨スープが広がってて、
¥500という値段に油断してたけど、
ド豚骨じゃ〜ん。

麺屋 てんこちょ「ラーメン」

こりゃあ、予想していなかった表情だわ。
まずはスープをイってみなきゃね。

麺屋 てんこちょ「ラーメン」スープ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ん?

んふ?

 

 

んッ!
んんんんんッ!
こりゃあ、なかなかじゃん!

 

舌にまとわりつくよな粘度高めの濃厚さで、
豚骨の香りが感じられて、
あれぇ〜?
これ、良かないかん?

不意を突かれたような衝撃さを受ける。

ややエンミは高めな気はするものの、
豚骨の輪郭をきっちり描いていて、
押しはあるように思う。

麺屋 てんこちょ「ラーメン」麺

合わせるは細麺で、
滑らかな麺肌にスープは絡み、
ぷりっとした弾力、
もちっとした歯応えを感じる。

スープとのバランス的には、
違う麺でも試してみたいところながら、
これはこれでアリなのかな。

 

キクラゲはコリッコリとしていて、
麺に絡みつつ食感的変化を与える。

チャーシューは肩ロースを使っていて、
味玉は甘めの味付けがされていて、
どちらも合間に挟んでの食べ進み。

 

 

 

 

最初はインパクトある印象も、
徐々に油脂の多さからか重く感じてきて、
エンミの蓄積もあって、
ちょいと単調に感じられてきちゃう。

麺屋 てんこちょの味変アイテム

券売機横には、
高菜、白ゴマ、紅生姜、ニンニクと、
味変アイテムが揃えられているけど、
ちょっと重みがキツくなってきちゃって、
結局は使わずじまいだったけど、
もう少し軽さがあったら使いたいとこだな。

 

うん、とかなんとか食べ進めての完食。

 

 

 

 

 

焼津市街からは外れたエリアにあり、
足を延ばしてはこなかったけど、
サービス品とはいえ、
¥500でのコスパ高な一杯は、
ちと気にしてみたくなるんだなぁ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ま、ま、ま、
食べてる時はその濃厚さに隠れてたけど、
退店後は喉の渇きがあって、
結構残ったのは残念ではあったかな。

麺屋 てんこちょの周辺

焼津市

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2020 All Rights Reserved.