ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

浜松市中区

本場中国料理999小籠包【塩ラーメン】@浜松市中区高丘北

投稿日:2020年8月7日 更新日:

 

あれもこれも食べたいってなるじゃんね?

 

 

そんな気分になった時にゃ、
そんな選択肢が豊富にある店ってのもアリ。

利用機会が増えてるなぁ〜

 

 

 

【本場中国料理999小籠包】

本場中国料理999小籠包の外観

本場中国料理999小籠包の外観

999はスリーナインではなく、
“さんきゅー”と読ませるので、
鉄郎もメーテルも関係ないし、
当然、車掌さんも。

 

入店すると席に案内されるので、
そちらでメニューを眺めるも、
セットも含めて多種多様で、
何を食べようか?って迷う時は、
選択肢が豊富にあってありがたいんだけど、
選択する数が多くて、
逆に迷ってしまうという事実もある。

 

う〜む

う〜む

う〜む

 

今回はゴハンものに惹かれちゃったので、
それを軸に考えてみよっかな。

本場中国料理999小籠包のメニュー

本場中国料理999小籠包のメニュー

 

 

 

 

 

【昼丼セット】¥780+税

本場中国料理999小籠包「昼丼セット」

これはこれは腹パン必須で、
てか、マヂで腹パン必須のボリューム感で、
食べ切れるかな?とちと不安が募る。

 

 

 

【塩ラーメン】

本場中国料理999小籠包「塩ラーメン」

なるほどなるほどなるほどなるほど。

ほんのり淡く色付いたスープ、
そこからは細麺が透けて見え、
もやし、みじん切りの白ネギ、
チャーシュー、メンマが盛られている。

 

 

ラフではあるね。

 

 

 

本場中国料理999小籠包「塩ラーメン」スープ

スープをひと口啜ってみると、
はっきりくっきりの味付けでしょっぱめで、
これはもやしの水気を見込んでいるのかな?

そう思うも、
この後、思ったほどの変化はなく、
やっぱしょっぱいな。

本場中国料理999小籠包「塩ラーメン」麺

合わせる麺は低加水細麺。

硬めな茹で上がりで、
ポキポキとした歯応えがあり、
この辺は強めなスープに負けない力強さで、
メリハリが感じられる。

もやしが絡んできて、
シャキシャキとした食感が、
麺との違いで変化を与えてくるけど、
もやし独特な臭いが感じられて、
このあたりは残念なところ。

チャーシューはバラ肉を使用していて、
醤油がしっかりと染みていて、
噛むと滲み出る旨みがイイな。
メンマはボキボキと、
繊維質が残るものでそういうこと。

 

 

急いで食べたので、
まだ良かったかもだけど、
スープのしょっぱさを麺が吸い上げ、
後半はちょいとキツかったな。

 

 

 

【麻婆豆腐丼】

本場中国料理999小籠包「麻婆豆腐丼」

同時提供されたので、
どうやって攻略しよっかと、
考えを巡らせてると、
投入を忘れていたようで、
ホアジャオが後掛けされる。

あぁ、やっぱこの香りはイイさぁ〜

ホアジャオ必須!

本場中国料理999小籠包「麻婆豆腐丼」

あ、それと豆豉が使われている。

日本だと八丁味噌のそれと似てて、
コク、深みが増すんだわね。

こりゃあ、イイや!と思うも、
醤油が弱い気がしてて、
ふた口み口と重ねても、
味の蓄積は思ったほどではなく、
卓上の醤油が目に入ったんだけど、
餃子用の酢醤油の可能性もあるので、
レンゲの上で確認してから、
ささっと掛けると味が締まる。

本場中国料理999小籠包「麻婆豆腐丼」

うん、このくらいがイイなと、
ゴハンの進みも早くなる。

 

 

 

 

でも結構ボリュームあるな。
ミニサイズではなく、
フルサイズなので、
腹具合が心配になるほどだったけど、
頑張って腹パンにてフィニッシュ。

 

 

 

 

うん、塩ラーメンは、
ま、ま、ま、それなりだったけど、
セットのお値段的にはありがたくあるかな。

まだまだ選択肢は多いので、
色々と攻めてみるのも面白いかなとは思う。

 

浜松市中区

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2020 All Rights Reserved.