ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

愛知県豊橋市

ORIBE【鶏白湯麺】@愛知県豊橋市

投稿日:2019年6月15日 更新日:

 

久しぶりに食べてみたくなっての訪問。

【ORIBE】

ORIBEの外観

 

スタッフ募集ちう!

店内は厨房付きのカウンター他、
窓際にもあって、
テーブルの用意はない。

券売機は手前のカウンター端にある。

限定もありますぞ。

で、ポチリ&ポチリ。

 

 

 

 

【鶏白湯麺】¥800

鶏白湯麺

やはりの基本となるコレ!

限定が都度都度出されてはいるけど、
基本となる一杯がどうなったかが気になる。
気になるじゃんねぇ〜

ゴツゴツと重厚感のある白き丼、
その中は色目カラフルな映え映えの世界観。

 

チャーシューはいつも通りの4種選択制で、
今回は豚肩ロースを選択。

味玉の他に野菜が種類豊富に入ってて、
ニンジン、蕪?(大根?)、キャベツ、
青ネギ、刻み玉ねぎ、ドライミニトマト、
揚げえのきと判別しづらいのもあるけど、
当初POPで謳ってた7種の旬の野菜は、
今もそのまま健在。

彩りの豊かさ、丁寧な盛りは好感が持てる。

 

スープをひと口。

あぁ〜
イイなぁ〜

サラッとしていて、
クドくなく重くなくの鶏ガラ使いの白湯で、
円やかでフワッとした香りが鼻に抜ける。
タレは強過ぎず弱過ぎずの丁度な塩梅で、
ぼんやりしがちな輪郭を描き、
鶏の旨味を引き立たせている。
この感じはイイなぁ〜

合わせるは加水低めの細麺。

強めな歯応えではなく、
しなやかな柔らかさのあるプリッと感で、
スープをしっかり纏わせて一体感がある。

野菜が徐々に絡み始める。

キャベツは切ったままの生でなく、
手が加えられてるようでしんなりと、
その食感を殺さずに麺と絡まって、
変化を付ける。

ニンジンなどは箸休め的で、
ポリポリとした歯応えを楽しめる。

ドライミニトマトは甘みと酸味が強調され、
アクセントとして働く。
これイイなぁ〜
サイズが小さいだけに、
もうちょい数が欲しくなる。

黒いモジャモジャは揚げえのき。
絡み合っちゃってるので、
ほぐしながら何度となく麺と絡める。
黒く細く異質な存在感なんだけど、
コリッとした歯応えに加え、
凝縮した香りが強くて、
麺と合わせた時に一気に香りが広がる。
これイイなぁ〜

チャーシューは豚肩ロースを選択。

キレイなピンク色をした焼豚は臭みなく、
柔らかで旨みある肉質感を楽しめる。
脂はちと多めには感じた。

 

 

 

 

【ランチセットB】¥350

ランチセットB

ラーメンだけじゃ量が物足りないかなと、
水餃子と炊き込みゴハンのセットも。

ぷくっとした水餃子は3個。

あ!箸で掴めるじゃん!

スタイリッシュな箸の時があり、
形はオサレだったんだけど、
つるんと滑っちゃって使いづらかったけど、
この箸は滑り止め効果が高く、
苦なく持ち上げられる。

厚めの皮はもっちりとしていて、
味付けもされていてそのまま食べられる。

麺先行で時間をおいてしまい、
皮が乾き気味で、
つるん!と滑らかな舌触りじゃなく、
その点は残念だったわ。

艶やかなる瑞々しさが維持出来たらなぁ〜

炊き込みゴハンは、
ニンジン、油揚げ、節などが使われていて、
味付けは控えめな薄味。
熱が入れられ柔らかな玉ねぎもあるので、
もうちょい味が欲しくなっちゃう。

 

ともあれ完食。
&完全スープペロリの完スペ。

久しぶりに食べた鶏白湯は確実に進化。

 

 

こういう変化を感じたりすると、
なんだか嬉しくなっちゃうぞん。

( ̄▽ ̄)b

 

愛知県豊橋市

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2021 All Rights Reserved.