ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

富士市

中華料理 十二番【手打ラーメン】@富士市

投稿日:

 

お友達が移動店舗を始めるってんで、
久しく会ってないし、
どうせなら初日に顔を出したいなと、
企んで向かったんだけど、

 

 

げ!

 

 

混んでんじゃん!

開始時間をズラして調整したんだけど、
行列は出来ているし、
駐車場もいっぱいで入れずで、

 

 

むむむむむ

 

 

断念せざるを得ない状況だわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お友達は忙しそうなので、
差し入れだけは渡して帰ろうかと、

 

 

「開店おめでとうございます。」

 

 

ダンナ氏にそれを渡すと、

「え?誰?」

ってな顔をされつつも声掛けしてくれ、
お友達が振り返って僕を見るも、

「え?誰?」

ってな顔をされる。
そりゃ、何年かぶりだしね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンマ数秒の沈黙があって、

「あ!タカ☆さん?!」

あああああ
良かった良かった!
久しぶりなのでちょいと間が開いたけど、
認識してもらっての安堵&安堵。

「またにします。」

食べれなかったのは残念だけど、
またの機会に寄れたらイイな。

くれゑぷびより1

くれゑぷびより2

くれゑぷびより3

クレープは映えそうな表情をしていたし、
限定もあったりするそうで、
その移動車両も可愛くて映えるので、
チェックしてみてくださいな。

 

 

くれゑぷびより Twitter https://twitter.com/crepe_biyori735

 

 

くれゑぷびより4

 

 

 

是非是非☆です。

 

(о´∀`о)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナーミー、おめでとう☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

てなことで、
その場は離れたんだけど、
その後の予定を考えていたわけでなく、
一旦コンビニに寄っての思案思案。

さてさてさて、
沼津三島方面に向かうという手もあるけど、
戻りつつの富士方面もアリかなって、
色々と調べてみるも、
SNS賑わすような店もイイけど、
気分的には餃子も食べたくて、
地元店も狙うのもイイな、って。

そんな中で気になった店。

こういう機会じゃないと狙わない気もして、
せっかくだからイってみましょう。
そうしましょう。

中華料理 十二番の外観3

 

 

 

【中華料理 十二番】

(富士市加島町9-18)

中華料理 十二番の外観2

ノーマークの店にハツホーは、
遅い時間だったのでスムース駐車。

中華料理 十二番の外観1

餃子のテイクアウト窓口もあって、
きっと地元じゃ知られた存在なんだろな。

中華料理 十二番の外観4

金額の入るメニュー看板は懐かしき印象。

 

 

店内は右に厨房があってのカウンター、
テーブルなどがあって、
テレビがBGM代わり。

中華料理 十二番のメニュー1

中華料理 十二番のメニュー2

中華料理 十二番のメニュー3

中華料理 十二番のメニュー5

中華料理 十二番のメニュー6

中華料理 十二番のメニュー7

中華料理 十二番のメニュー8

中華料理 十二番のメニュー9

中華料理 十二番のメニュー10

メニューをひと通り眺め、
「とつげきラーメン」に惹かれるも、
お腹の容量が不安だったので断念し、
基本的なあたりに餃子も加えた形で注文さ。

 

 

 

 

 

【キリンゼロイチ】¥451

中華料理 十二番「キリンゼロイチ」

 

 

 

ぷひゃあ  ε-(´∀`; )

 

 

 

暑さ厳しの熱さツラしでもって、
水は提供されたんだけど、
もうそれだけじゃ気持ちが収まらず、
ココロ折れちゃってたので、
麦の炭酸飲料が飲みたくなるのですよ。
熱いんだもん。

アルコール無くとも、
ノンアルが癒してくれるのです。

 

 

 

 

 

んでもって、
漬物の提供もあった。

中華料理 十二番「手打ラーメン」漬物

おそらくは自家製ぬか漬けだろうなぁ〜

酸味の効いた大根ときゅうりがイイ。
もやし、きゅうりの中華和えもあるけど、
ぬか漬けの勝利に乾杯だわ。

 

 

 

ぷひゃあ  ε-(´∀`; )

 

 

 

 

【手打ラーメン】¥792

中華料理 十二番「手打ラーメン」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

違うんだよなぁ〜

 

いや、頼んだものはコレなんだけどさ、
ノンアルとは言え、
ビールテイスト飲料ですよ。

他店でもそうなんだけどさ、
なんとなくさなんとなくさ、
ツマミって発想は思いつかないかなぁ〜?
餃子を頼んだんだもん、
ノンアルのツマミ的な発想は無いかなぁ〜?

そういう風に頼んではいないよ。
こういう順番で出して!って、
確かに言ってはないけどさ、
ないけどさ、
ノンアル最初に出したんだからさ、
次は餃子をちょちょいと摘まんでさ、
ひと息ついたあたりでのラーメン。

気づいてくれないかなぁ〜?
くすぐるような配慮が欲しいなぁ〜

いや、むしろ注文時に訊いてくれてもイイ。
ラーメンは後にします?
配慮に涙ちょちょ切れっちゃうかもなぁ〜

う〜ん
贅沢な望みかもしれないけど、
些細な望みでもあるのよ。
ノンアルでもさ、
なんとなくさ、
察してもらいたいんだよ、僕は。

いや、あくまで僕的な想いってやつで、
ただの愚痴ですよ、うん、愚痴愚痴。
食べますよ、ラーメンを。
ツマミで。

 

 

 

 

 

【手打ラーメン】¥792

中華料理 十二番「手打ラーメン」

そう、特にコレ!って、
決め打ちしていたメニューは無く、
とにかく急遽決めてのハツホーだったんで、
レギュラーはもちろん、
イレギュラーも含め、
気になったものを頼んだんだけど、
基本的一杯の麺変更バージョンだろうし、
わざわざコレだけ“手打”を謳っているので、
きっとコレ!かなって。

雷紋と鳳凰がぐるりと描かれ、
店名まで入る年季の入った丼での提供で、
“昔ながら”を思わせる淡き醤油感のスープ、
濁りでハッキリ見えないきっと手打麺、
トッピングにはチャーシュー、メンマ、
かまぼこ、ネギ、海苔を配している一杯。

まぁ、ね、味も“昔ながら”なのかな?
そんなことを思いつつの、
まずはスープをひと口。

中華料理 十二番「手打ラーメン」スープ

 

 

 

むぉ?

 

 

この油は何だろ?
ラードになるのかな?
豚魚介といった感のあるスープなんだけど、
油多めのオイリー感からの入りで、
さっと爽やかな旨みの魚介が開いてくる。

魚介っつっても、
出汁を重ねた感じではなく、
魚粉によるもののようで、
それは舌にザラつきとしても残る感じで、
思っていたよりはグイグイと来るタイプ。

うん、ザラつきは気にはなるものの、
それを覆す旨さが感じられて、
これ、イイ感じじゃね?

 

 

 

合わせるは平打ち縮れ太麺。

中華料理 十二番「手打ラーメン」麺

ぷるぷるぷるって唇をくすぐってくると、
舌の上で暴れ、
もちっとした歯応えを感じさせる。

スープはしっかりとまとわせているので、
その一体感は高く楽しませてくれる。
ネギのシャキザク食感の絡みもイイね。

うん、やっぱ手打で正解だった気がしゅる。
他のものを食べていない現段階において、
最初の一杯はコレで正解だった気がしゅる。
うん、イイぞ。

豚ももチャーシュー、ぽりぽりメンマなど、
トッピングもそれなりに楽しむけど、
スープと麺だけでも楽しいぞん。

 

 

 

【餃子】¥462

中華料理 十二番「餃子」

ラーメンの提供から5分ほど遅れての提供。

ツマミではなく、
単なるサイドメニューの扱いだなぁ〜
焼き目はそのキツネ色がそそるんだけど、
焼き自体は柔らかくしんなりとしていて、
パリッと噛み切るのではなく、
むぎぎと噛み千切るような感覚で、
ふりゃりとした食感に凹み。

中華料理 十二番「餃子」

いつも通り、
まずは何も付けずに口にしたんだけど、
下味は薄めでそのまま食べるには物足りず、
卓上の調味料を使って調整してのはむはむ。

う〜ん
ツマミとしては弱いな。

外にはテイクアウトコーナーもあって、
持ち帰りも出来るようだけど、
僕的には惹かれないし、
ま、ま、ま、
遠いので持ち帰ることもないな。

 

 

 

 

 

はい、そんなこんなでの食べ進みで、
昼営業終わりのノーゲス状態に焦り、
ちょいと急ぎ気味にノンアルで締めて終了。

 

 

 

 

 

急遽探して見つけた店だったけど、
手打ラーメンの良さは思わぬ発見で、
他も含めて気にはなるところだな。

中華料理 十二番のメニュー4

「ねりうめチャーハン」も良さげで、
いつかは口にしてみたく思えますわ。

 

 

 

 

 

ナイスな店かもしれないな。

 

 

 

富士市

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2023 All Rights Reserved.