ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

富士市

ラーメン 井出【正油ラーメン】@富士市

投稿日:2020年9月26日 更新日:

 

お腹を満たすのはもちろんではあるけど、
知識欲も満たしたく、
ちょっと足を延ばしてみる。

 

 

富士市はさほど攻めていないエリアで、
ブログを見返してみても数えるほど。

調べてみると興味深い店もあり、
食べてみたくなったんだ。

 

 

到着したのは週末の昼時で、
駐車場待ちが出来ている。

ほぉ、人気店なんだねぇ〜

せっかくの機会を逃したくはなく、
そのまましばらく待っての駐車。

 

 

 

【ラーメン 井出】

ラーメン 井出の外観

ラーメン 井出の外観

店内は右奥に厨房があり、
それを囲むカウンター、
他にテーブルが用意されている。

ラーメン 井出の外観

ラーメン 井出の駐車場案内

席に案内され、
メニューを眺めます。

ラーメン 井出のメニュー

ラーメン 井出のメニュー

ラーメン 井出のメニュー

ラーメン 井出のメニュー

ラーメン 井出のメニュー

さてさてさて、
店の存在は調べてはいたものの、
何を食べるべきなのかまでは調べてなく、
じーっと眺めていると、
ラーメン井出と言えばこれ!

ラーメン 井出のメニューのコレ

当店名物!

ラーメン 井出のメニューのコレ

と、説明文があったので、
それ推しかな?と頼んでみる。

 

 

 

【ミニ黒チャーハン】¥530

ラーメン 井出「ミニ黒チャーハン」

まずはこちらから提供。

まさに、の黒いチャーハンは、
チャーシュー、ネギ、玉子が入ってるけど、
それすらも黒く染まっていて、
パッと見た目では分かりづらいほど。

ラーメン 井出「ミニ黒チャーハン」

こんもりと丸く盛られ、
紅生姜が添えられています。

 

 

 

 

せっかく“黒”を謳うので、
レンゲは白にした方が映えそうだよなぁ〜

チャーハンより目立っちゃってて惜しい。

 

 

 

 

顔を近づけると香ばしき香りがする。

レンゲを入れると、
その時点でしっとりさが分かるほどで、
でもコメ表面は焼きで固められていて、
口に入れるとぱらっと散り、
香ばしき香りを広げる。

ラーメン 井出「ミニ黒チャーハン」

 

あ、うん、ニンニクだ!

ニンニクバターを使っているそうで、
ガツン!とした強烈さではなく、
ほんのりとした香りがイイな。

黒い色の割に、
たまり醤油も主張し過ぎるでなく、
全体的にはコク深くマイルドな印象。

でも焦げによる若干の苦味があり、
これはちょっと残念だな。

 

 

後半、温度低下に伴い、
バターのこってりさが若干重く、
気になってきちゃう。

紅生姜を合わせ、
酸味をアクセントにして食べ進めよう。

 

 

 

 

程良く食べ進んだ頃のタイミングで、
遅れてラーメンが提供。

 

 

 

 

 

【正油ラーメン】¥680

ラーメン 井出「正油ラーメン」

昔ながらの醤油といった感じのスープで、
提供時の揺れにより、
麺が片寄せに盛り上がっちゃってて、
トッピングにはチャーシュー、メンマ、
味玉、白ネギを配している。

ラーメン 井出「正油ラーメン」

まずはスープをひと口。

 

 

うぉ!

アツアツでシャープな第一印象。

鶏ガラにハッキリ目に魚介を効かせていて、
醤油は強いものではないけど、
全体的にはキリッとした感じで、
生姜が鼻に抜ける感じ。

ラーメン 井出「正油ラーメン」麺

合わせるは加水高めの縮れ麺で、
ぷりっぷりと暴れるよな弾力があり、
しこっしこと硬めの歯応えがある。

スープをしっかりと絡めていて、
縮れが唇を舌をくすぐっていく。
イイ感じだわ。

 

チャーシューはややパサつきのあるもので、
メンマはポリポリと小気味イイ食感、
味玉は柔らか仕上げで、
味がしっかりと染みている。

 

そんなこんなで食べ進めての完食。

 

 

 

 

チャーハンがよく出るようで、
店主はほぼほぼ中華鍋を振るいっぱなしで、
その合間にラーメンを作ってる感じ。

黒チャーを食べたのは正解ではあったかも。

 

 

 

 

老若男女で賑わう店で、
知識欲は満たされたけど、
でもお腹も十分に満たされちゃって、
“次”を狙うにはキツくなっちゃったな。

 

 

 

 

まだまだ暑さが残ってて、
ちょっぴり喉の渇きも感じられてきたし、
ま、ま、ま、帰ろっと。

富士市

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2020 All Rights Reserved.