ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

浜松市中区

Bar DEVIOUS【ひとり酒】@浜松市中区千歳町

投稿日:

 

夜の帳が下りきった頃、
アクトシティ浜松を背にしてひとり。

浜松駅

賑やかだった時間は終わり、
もう少し呑みたい気分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さして店を知ってるわけでなく、
特にひとりで入れる店はほぼほぼ皆無で、
さて、どうしたものか? おのののか。

開店時間は深夜過ぎだし、
モリモリはまだ遠くに行ったままなのか?
ようかここのかとうか?
ダメ元で向かった先は暗いまま。

モリモリん家

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気になっている店はある。

SNSで何度か“いいね!”をもらい、
覗きに行くと雰囲気良さげな印象の店で、
ま、ラーメン店ではないんだけど、
気になっている。

ちょいと怖い気はするものの、
適正価格であるに違いない。

 

 

いや、きっとそうだ!
そうに違いない!

 

 

ザザシティ浜松の中央館と西館の間の道、
千歳町を走る中央柳通りの端、
一方通行の入口側にある店が目的地。

Bar DEVIOUSの周辺状況

いや、でも、
やっぱ、ちょっと怖いな。

Bar DEVIOUSの外観2

初めての店だし、
ひとりだし怖いな。

Bar DEVIOUSの外観1

その赤い外観の前には立つものの、
ドアを開けるのをビビってしまい、
躊躇ってしまうものの、
迷わず行けよ、
行けば分かるさ。

 

 

フォースと共にあらんことを。

( ̄Д ̄)ノ ダァァァァ

 

 

 

【Bar DEVIOUS(デヴィアス)

(浜松市中区千歳町120)

Bar DEVIOUSの外観4

Bar DEVIOUSの外観3

恐る恐るドアを開けて入店すると、
明かりを落としたオトナの空間って感で、
奥では一組が会話を楽しみつつ呑んでいる。

 

 

カウンターとテーブルがあり、
赤茶の落ち着いた色で、
やっぱオトナの空間といった印象。

アバンティもこんなイメージかしらん?
スタッフはひとりのようで、
ジェイクでもスタンでもない日本人。

僕ひとりでどうしたものか?と思うも、
そのスタッフが声を掛けてくれる。
話をしてみると、
SNSで見かける方はオーナーだそうで、
どうりで風貌が違っているんだと合点。

普段は店には居ないらしく、
そのスタッフ、
バーテンダーはいつも居るんだとか。
なるほどなるほどなるほど。

 

 

 

 

さて・・・
初めての店だし、
メニューでも眺めようかと思うと、
それを察してくれたのか、
メニューは無いのだと教えてくれる。

んー
そんなにお酒に詳しいわけでないし、
カクテルなんて更にキビー。

あ、でも歩いてきたので、
体が熱くなっていることもあり、
知ってるビール系カクテルを頼もう。

 

 

 

【レッドアイ】

Bar DEVIOUS「レッドアイ」

トマトジュースをビールで割ったもので、
これは知っていた。
好きなんだわ。

熱い体、気持ちを落ち着かせる。

 

 

 

【お通し】

Bar DEVIOUS「お通し」

オイルサーディンにピンクペッパー。
この組み合わせはイイな。

ピンクペッパーの香りがアクセントで、
オイルサーディンが引き立つ。
これ、好きだわ。

 

 

てなことで摘まみつつ、
バーテンダー、
(仮)ヤナさんと話をする中で、
オーナーが“いいね!”してくれたSNS話、
ラーメンの話に触れると、
あっちこっち、
どっちそっち、
浜松や磐田方面などの店名が上がるので、
あれやこれやと弾ませていき、
徐々に雰囲気に慣れ、
リラックスしていく。

ひとりでも放っておかれず、
会話しながら呑めるのはありがたい。

カクテルのことはよく分からないけど、
ラーメン話からの展開で、
ブラッディ・シーザー、
ブル・ショットの名前を上げてくれる。
なんそれ?

 

 

「ブラッディ・シーザー」
ウォッカベースのカクテルで、
使うはハマグリエキス入りトマトジュース。

「ブル・ショット」
こちらもウォッカベースで、
使うはコンソメ。

どちらもラーメンスープからの流れで、
そういうカクテルもあると、
話を広げてくれる。

いつか呑んでみたいな。

 

 

更にはショートカクテルの話も。

短時間で飲み干すのがショートカクテルで、
ちなみに、
長く楽しむのがロングカクテルだとか。

 

 

へぇ〜
ほぉほぉほぉ

( ̄O ̄;)

 

 

知らない世界観の興味欲を高めてくれる。

そんじゃま、
そのショートをくださいな。

 

 

ジャカジャカジャカシャカシャカシャカシャシャシャシャ・・・

 

 

目の前でシェイカーを振ってくれて、
音が段々変わっていき、
シェイカー内の液体をグラスに静かに注ぐ。
動から静へ、
ぴったり収まる。

 

 

 

【ギムレット】

Bar DEVIOUS「ギムレット」

ジンとライムジュースのカクテルだそうで、
甘さ控えめでキリッとシャープ。
これは好きだな。

 

 

レイモンド・チャンドラー作、
ハードボイルド小説「長いお別れ」で、
有名なセリフがあるらしい。

 

 

“ギムレットには早過ぎる”

 

 

別れるにはまだ早い、の意だそうで、
そっかぁ〜
ハードボイルドかぁ〜

ロバート・B・パーカー作、
スペンサーシリーズは読んだことあるけど、
そちらもまた読んでみたくはあるな。

 

 

“ギムレットには早過ぎる”

 

 

もう一杯もらうことにしよう。

 

 

 

【サイドカー】

Bar DEVIOUS「サイドカー」

こちらも教えてもらった一杯で、
ヤナさんが初めて呑んだこともあり、
思い出深いカクテルだとか。

ブランデーをベースに、
オレンジリキュールを合わせたもので、
ブランデーの香りがより膨らむ感じで、
程良いオレンジの酸味もイイ感じ。

Bar DEVIOUS「サイドカー」

サイドカーの名には色々な由来があって、
別名“女殺し”とも言われているとか。
検索するといくつも出てきて面白い。

 

 

 

 

Bar DEVIOUSの内観

(撮影許可済み)

てなことで呑みつつ、
目の前の棚のアイアンマンを見て、
ボバフェットがどーちゃらからの展開か、
スター・ウォーズの話が始まり、
やっぱ4、5、6だよね、
でも1、2、3はアリだとしても、
7、8、9はナシだよねぇ〜
9は辻褄合わせに忙しくまとめてあって、
そんな中でも特に8はヒドイよねぇ〜
アレはないわ、的なとこから、
マンダロリアンは動画配信サービスでなく、
映画レベルだよねぇ〜、ってな話から、
棚の中に飾られたジョージ高野じゃなくて、
カズレーザーじゃなくて、
あ、コブラだ!
そのサイコガンの話だったり、
とにかくとにかく話が尽きることなく、
でもそろそろオネムな時間帯に近づき、
程良い頃合いってことで、
支払いを済ませての退店。

ちなみに会計は¥5,000。

安心安心でありがたしで、
安心出来る店ってことで、
今後も寄ってみようかと思わせる店でした。

 

 

 

 

アイアンマンマスクでなく、
ボバフェットマスクを期待してますぞ。

若しくはR2D2を❤

 

 

 

 

イイ店を見つけたぞ。

ラウンジ・ダルメシアン

暫し寄れてない店を眺めつつ、
どちらにしても、
また街中で呑みたいな、と思いつつ帰る。

 

 

 

 

なかなか楽しい一夜だったぞん。

 

( ̄▽ ̄)b

 

 

 

【DEVIOUS】オーナー Instagram https://www.instagram.com/p/CckesL7PsQj/?utm_source=ig_web_copy_link

 

【DEVIOUS】バーテンダー(ヤナさん) Instagram ➡ https://www.instagram.com/p/CcfYhtFvSYH/?utm_source=ig_web_copy_link

 

浜松市中区

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2022 All Rights Reserved.