ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

掛川市

十八番【納豆ラーメン】@掛川市

投稿日:2022年2月28日 更新日:

 

目の前までは行ったことはあったけど、
呑んだ後の時間帯は混雑してて断念。

以来、なかなか行けずはいつものことで、
でも、なんとか狙おうとしていて、
ようやくタイミング的に合いそう。

 

 

そりゃ、
是が非でも行かにゃあいかんら?

 

 

週末の昼時後半の時間帯は、
割と落ち着いた雰囲気で、
店内には空席も見える。

目の前に駐車場の用意があって、
奥行きある3台分は縦列で6台は停められ、
どうしよっかなぁ〜?
車止めまで下がっちゃうと、
もしかしたら塞がれちゃう?と思いつつ、
ま、その時はその時だ!とばかりに駐車。

 

 

結局、杞憂で終わったけどね。

 

 

【十八番】

(掛川市肴町1-7)

十八番の外観

十八番の外観

JR掛川駅を北上してちょいと入った辺り。
やっと訪問することが出来たわ。

十八番の周辺状況

初めてはいつも緊張するぅぅぅう!

(⌒-⌒; )

 

 

恐る恐るの暖簾くぐりは、
左に厨房を囲むL型カウンターがあり、
奥行きがある。

空いてる席に腰を下ろし、
メニューを眺めます。

十八番のメニュー

目の前にもあるけどね。

十八番のメニュー

初訪は基本的な一杯にしようかと思うも、
あああああ
これはそのアレンジバージョンだろうから、
基本は基本として、
そこからの変化でもって、
2度楽しめるかもしれないな、と注文。

あ、せっかくだもんで、
餃子もイっとこ。とことこ。

 

 

 

 

 

【納豆ラーメン】¥700

十八番「納豆ラーメン」

双喜紋、雷紋、龍と縁起良さげな白き丼に、
刻み白ネギ浮かぶ淡い醤油色のスープ、
そこに流れる麺。

十八番「納豆ラーメン」

トッピングにチャーシュー、メンマを配し、
そしてメインとなる納豆も。

十八番「納豆ラーメン」スープ

スープをひと口啜ると、
鶏ガラベースのようで、
そこに醤油を効かしているんだけど、
あっさりとした淡きもの。

それでも薄いという感じではなく、
これはこれで。

十八番「納豆ラーメン」ラーメン

合わせるは加水高めの中細麺で、
ぷりしこな歯応えがあり、
スープはそこそこに絡んでくる。

 

納豆が入り始めてくるよ。

十八番「納豆ラーメン」納豆

粘りがスープに溶け込み始め、
それが麺に絡んできて香りを発する。
うん、イイな。

スープがやや淡い感じなので、
納豆が引き立ちにくい感はあるものの、
悪くはないかな。

 

 

 

 

他で食べた納豆もそのまんま入れてたけど、
ぐでんぐでんに混ぜ合わせ、
粘りをしっかり出しちゃうと、
個性が強過ぎちゃうかしらん?
醤油感はもうちょい欲しいかしらん?

気になるところではあるなぁ〜

 

チャーシューはバラ肉で、
若干酸化を感じられる。
メンマはぽきぽき。

 

 

 

【餃子(6ヶ)¥550

十八番「餃子」

やや焦げた焼き目の餃子が並びます。

下味の加減が分からないので、
いつも通りにまずは何も付けずに運ぶと、
カリッと香ばしき食感から、
ぶわぁッ!とニンニクの香り、
ほんのりと甘みがあり、
野菜より肉が多めの餡で、
下味は程良く、
酢ラー油醤油などの調味は要らない。

十八番「餃子」

焼きでの油はやや多めではあって、
皿上でのヌメッと感があるので、
ちょいと使うとメリハリが出るかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

てなことで、
スープ底に沈んだ大粒の納豆を掬い出し、
はむはむはむで完食。

十八番「納豆ラーメン」納豆

 

 

 

 

やっと来れた店での一杯は嬉しく、
通常だと昼はもちろん、
夜は深夜まで営業してるようで、
化学的なものを感じたりはするけど、
呑んだ帰りの〆としてはイイだろうなぁ〜

 

 

掛川市

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2022 All Rights Reserved.