ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

磐田市

福正【ラーメン】@磐田市

投稿日:2021年8月18日 更新日:

 

目の前の道は何度も通ったことはあり、
何度も目にはしていたんだけど、
ラーメン屋って外観ではなく、

 

食堂?

定食屋?

若しくは蕎麦屋?

 

 

ジモティー優勢で、
一見さんだとアウェイ感ハンパなくね?

入るのに勇気が要る感じで、
小心者の僕はビビリーで入れずじまい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもでもでも、

そんなんじゃダメだ!

ダメだ!

ダメだ!

ダメだ!

気持ちに鞭打って頑張ってみよう!
うん、そうしよう!

 

 

 

 

東名・磐田インターから北上していくと、
その通り沿いにあります。

福正の看板

 

 

 

【福正(ふくまさ)

(磐田市大久保374-6)

福正の外観

昼時の訪問は駐車場が混んでいて、
人気度、認知度のある店ってことを実感。

福正の外観

暖簾をくぐりて入店すると、
正面に厨房があり、
その前にカウンター5席ほど、
小上がり4人×2脚もあるんだけど、
両サイドにひとつずつという、
他では多分見かけないよな配置。

 

メニューはカウンター上にあり、
ん〜、ちょっと見にくいぞ。

福正のメニュー1

福正のメニュー2

福正のメニュー3

えぇと、
ラーメンは醤油、味噌、塩があって、
ピリ辛もありーの、
チャーハン、餃子もあるんだ。

あれもこれも食べたい僕としては、
セットがあると嬉しいけど無いので、
あー、餃子を食べたくもあるけど、
今回はラーメンとチャーハンにしよっかな。

 

 

厨房に居るのは店主夫妻かな?
調理は奥さんで、
ダンナは調理補助と出前担当かしら?
岡持ちを持って出かけちゃった。

 

 

注文が重なってたようで、
なかなか注文のタイミングが掴めないな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、やっと注文ね。

やっと声を掛けられての注文。調理待ち。

 

 

 

 

 

【ラーメン】¥450

福正「ラーメン」

 

 

 

 

おうううう?

 

福正「ラーメン」

こんなとこに伏兵が!ってな印象の一杯は、
スープ色は淡く大人しげなんだけど、
油の層からしてコテコテ感があり、
トッピングのチャーシュー、メンマ、
なると、青ネギ、海苔は普通なれど、
黒コショウがゴリゴリで、
曲者だぞぉ〜、こいつは。

福正「ラーメン」スープ

とにかくスープを口に運ぶと、

 

ぅわっわ!

 

アツアツな熱攻撃、
コテコテの油攻撃で、

 

 

 

 

あ、あ、あ・・・あれ?

味の攻撃は弱いなぁ〜

 

 

 

 

オイリーさで熱をしこたま貯めていて、
ぐわぁッ!と味が来るかと思いきや、
その味が弱い。

 

ラード強めの豚清湯になるのかな?
なんとなく出汁感は感じられ、
そこに醤油を合わせているけど、
油で包まれてしまっていることもあり、
醤油が弱く感じる。

 

嫌いな感じではないんだけど、
醤油が弱く感じる。

 

そこに黒コショウの香りは入ってきて、
そのスパイシーさはパンチを上げるけど、
醤油が弱く感じる。

 

バランス的にもやもや感がある。

福正「ラーメン」麺

多加水の中細あたりの麺を合わせていて、
滑らかな肌なれど油効果もあり、
スープを馴染ませてきて、
ぷりしこの食感で食べさせるけど、
う〜ん、
やっぱもうひと味欲しいかなぁ〜

福正「ラーメン」トッピング

チャーシューはもも肉かな、
ぎしぎしとした噛み応えがあり、
そこから旨みとエンミがじんわりと滲み、
この感じは悪くないな。

メンマはぼりぼりと、
繊維質を感じる硬さ。

海苔はスープにほぐれて麺に絡み、
磯の香りをまとわせて変化を付けてくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うんうんうん、
馴染みは進み、
これはこれで受け入れてはいたけど、
離れた場所の卓上醤油がちらちら気になる。
ひと席向こう側にある卓上醤油が気になる。

あれを差してみたいとの願望が増していき、
気になる気になる気になる。

で、ちょいと体を伸ばして取りに、
ちょちょちょと差してみる。

 

 

 

 

ほら、ごらん!

 

オイリーさに醤油が負けず、
スープの輪郭が際立ち、
味の補強も出来て、
バランス的には良くなった。

最初からこのくらいにしてもらえたならば、
また違った印象となるんだけどなぁ〜

 

 

 

【チャーハン】¥500

福正「チャーハン」

なかなか変わった色合いのチャーハンで、
んー、あ、玉子が使われてないんだ。

黄色が入っていないので、
色目的にちょっと物足りない気はする。

具材はチャーシュー、玉ねぎ、
なると、青ネギが使われていて、
紅生姜は添えるでなく一緒に入っている。
これは見かけない仕様だなぁ〜

福正「チャーハン」

レンゲを差し込んで口にすると、
米粒ひとつひとつの表面が焼かれ香ばしく、
表面は硬く、
でも中は粘りのある感じで、
食感の違いがある。

味付けはあっさりとしていて、
強くはない丁度良き塩梅で、
単体でも、ラーメンと一緒でもイケる。

で、紅生姜の酸味が時折入ってきて、
量的には少しだけなので邪魔にならず、
ワンポイントで変化を付けてきて、
アクセント的にイイ効果を生んでいる。

 

 

温度低下によって、
表面の油が若干気にはなってくるけど、
まぁ、しょんないかな。

 

 

スープで口に潤いを与えつつ食べ進み、
程良くの完食です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

化学的な感じは否めないものの、
選択肢の少ないエリアにおいては、
焼きそば、お好み焼きの他、
ホルモン系、軟骨、おもろなどもあり、
居酒屋的な要素もあるようで、
親しまれている店のように感じた。

選択肢の少ない機会にまた狙えたら・・・

 

 

磐田市

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2021 All Rights Reserved.