ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

浜松市中区

浜田山【塩らーめん】@浜松市中区高林

投稿日:

 

 

お?

狙えるんじゃね?

 

タイミング的に狙えそうで、
となると、
とりあえず店前まで行って、
待ちの具合次第では食べちゃおっかな。

 

 

 

 

願いを込めて向かうと、
それが通じたのか駐車場に空きはあって、
外待ちは1組のみ。

ほらぁ〜、
そういう時があるんだよなぁ〜
たまにはそういう時があるのよ。

だとしたら、
イクべきではないですか、皆さん!

 

 

 

【浜田山】

浜田山の外観

浜田山の外観

浜田山の営業時間

先客が中へ入っていったので、
外待ち先頭となり、
ドアを開けて様子を伺うと、
中待ちは渋滞中。

浜田山の案内

浜田山の外観

空くまで外で待つより仕方ない。
入れる状況まで待つさ待つさ待つさ。

浜田山の外観

 

 

 

 

中待ちに空きが出たようで、
入店しての券売機前。

浜田山の券売機

まぁ、食べるものは決めていたので、
迷わずに狙いを定めてのポチリ。
替玉もイっとかないとだわ。
ポチリ。

浜田山の食券

中待ちを経て、
案内を受けての着席で調理待ち。

浜田山の内観

 

 

 

 

 

【塩らーめん】¥800

浜田山「塩らーめん」

白湯の割合の方が高いよに感じるけど、
清湯の割合の方が低いよに感じるけど、
僕はこちらの方が旨いよに感じる。

てか、清湯旨いと思うんだけどなぁ〜

浜田山「塩らーめん」

白き丼に黄金色のスープをたたえていて、
そこに自家製麺、
トッピングにはチャーシュー、穂先メンマ、
青ネギ、海苔を配している。
魚介系の香りが強く立ち上がってきて、
そそられるスープをひと口。

浜田山「塩らーめん」スープ

あ、へぇ〜

鶏清湯に煮干が加えられているようで、
そのビターさが強まった感じがして、
同時にエンミも強めで、
この日は結構強く主張している。

生姜の香りはあまり感じない。

浜田山「塩らーめん」麺

合わせるは自家製の低加水細麺で、
ポキポキ、パツンといった茹で上がり。

スープはしっかり馴染んでいて、
隠れ気味だった生姜はこちらで主張、
ひと口目は特に強く主張しつつ、
旨みも抱えていて、
そのハーモニーが楽しい。

強い歯応えが合っていて、
食べ始めから箸が進んでいくのさ。

 

青ネギが青き香りを放ち絡んできて、
スープにも負けていないので、
変化を楽しませてくれる。
あぁ、好き。

 

 

 

 

でも初期のぷりっぷり縮れ麺も懐かしいな。
あれ、また食べたいな、って思うわ。

 

 

 

 

海苔を絡めてみるけど、
この日はエンミの前では主張感弱めかな。

チャーシューはキレイなピンク色、
低温調理されたもののようで、
側はしっかりと醤油が染みた色合いで、
それは口にしても同様。
ぷりっとした弾力を持たせていて、
噛むとじわっと滲み出る肉の旨み、
醤油の風味がイイ。

ありゃ〜、
「ちゃーしゅー(¥300)」増しもイイな。

穂先メンマはぽりしゃくと軽い食感で、
リズムをつけてくる。

 

 

もちろんまだまだイクよ。

 

 

 

【替玉】¥100

浜田山「替玉」1

やっぱりイクべきなんだわ、替玉。

今回はエンミが高かったので、
スープに浸してそのまま食べてみる。

浜田山「替玉」1

噛むことにぐっと抗いを見せる麺で、
違う印象を楽しんだりしてみる。

 

 

 

【替玉】¥100

浜田山「替玉」2

2玉目の替玉は現金対応で。

そう、結局2玉は食べるので、
2枚食券を買っとけばイイんだけど、
2杯目はその時の気分で頼めるよう、
気持ちに余白を残しておきたく、
食券は1枚購入で、
次は現金対応にしてたりたり。

エンミが若干収まってきたので、
スープに馴染ませたらば、
いつもの如くに黒コショウ、唐辛子を投入。

浜田山「替玉」2

この香りとピリッとした辛みによって、
全体が引き締まる感じが好きなんだわ。
これは楽しんでおきたいんだな。

 

 

 

 

楽しんで楽しんで楽しんでの完食で、
モチのロンで完スペフィニッシュ。

 

( ̄▽ ̄) アァ、ウマーシ☆

 

浜田山「塩らーめん」完スぺ

 

 

 

 

中待ちが居るし、
外でも声が聞こえたりしているので、
いつも通り長居はせず、
食べ終えたらば、
そそくさと席を立ち、
店主に軽く挨拶をしての退店。

 

 

 

 

うんうんうん、
やっぱ好きだなぁ〜、浜田山の清湯。
また次を欲するのさ、浜田山の清湯。
また食べる食べるよ、浜田山の清湯。

 

 

٩( ᐛ )و  ウヒョ!

 

 

浜松市中区

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2021 All Rights Reserved.