ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

菊川市

麺屋 菜花奈【地鶏出汁(塩、かけ)】【まるごと豚】@菊川市

投稿日:2020年11月22日 更新日:

 

あれから5年が経ったのよね。

 

毎年毎年思い出すのは、
周りを田んぼで囲まれたこの場所で、
人っ気の無いこの場所で、
ノーゲスの店内での一杯が忘れられない。

 

 

初訪問記事 ➡ https://tadanoramenzukiblog.com/20151108nabana/

 

 

ほら、あの風貌じゃない?

ヒップホップ系が似合いそうな、
悪そなヤツはだいたい友達的な、
僕とは違う世界に住むよな店主で、
でも、ビビりつつも声掛けしたんだよな。

ホント、怖かったんだよぉぉぉ〜

 

 

((((;゚Д゚))))))) ガクブルブルブル

 

 

 

【麺屋 菜花奈】

麺屋 菜花奈の外観

今では行列店となり、
ついに先日5周年を迎え、
アーティスト「SHO」をゲストに招き、
店頭での記念パフォーマンスがあり、

麺屋 菜花奈の外観

麺屋 菜花奈の外観

行くつもりではあったけど、
体調が万全でなく見送り。

 

盛り上がったようですよ。

麺屋 菜花奈の案内

そう、その「SHO」も食べた魚貝潮は、
僕も初回訪問時に食べていての、
ある意味基本的なる一杯。

 

 

麺屋 菜花奈の限定

・・・ボケボケピンボケ。

 

5周年を迎えて最初の一杯もそれにすべく

 

・・・ではあるかもだけど、
この日はシンプルな一杯を食べたく、
それは次回以降に持ち越し。

麺屋 菜花奈の券売機

麺屋 菜花奈の券売機

今回は清湯と白湯のかけをポチリ&ポチリ。

 

 

 

 

あ!

 

こっちも食べてみたいなぁ〜

麺屋 菜花奈の券売機

バイトちゃんに食券を渡し、
こっちはかけにしてもらって、
こっちはあれに変えて、とお願い。

麺屋 菜花奈の案内

 

 

 

 

「あ!順番はどうします?」

 

 

以前、提供順の確認などの怠りがあり、
スタッフミーティングがあったそうで、
その改善はされたみたいだね。

ガンバレ、バイトちゃん!

 

 

返金はスーパーエロイちゃんが即対応。
安定感が出て余裕すら感じられるね。

エロイちゃんもガンバレ!

 

 

 

 

 

【地鶏出汁(塩、かけ)¥900-100

麺屋 菜花奈「地鶏出汁(塩、かけ)」

 

はぁ〜
見入ってしまうわぁ〜

新しくなった店名ロゴの入る白き丼、
そこに広がる黄金色のスープ、泳ぐ麺、
かけではあるけど最小限で青ネギを別添え、
立ち上がってくる鶏の香りがそそるんだ。

イイじゃないのよぉ〜

麺屋 菜花奈「地鶏出汁(塩、かけ)」

表面には鶏油が層を成しているので、
慌てず騒がずちゃぷちゃぷしてひと口。

麺屋 菜花奈「地鶏出汁(塩、かけ)」スープ

あー、大人しい入りだわ。

アツアツな中で、
鶏の香りは広がってきて、
厚い旨みがあるのは分かるんだけど、
タレのエンミ感は大人しいよに感じ、
あ、貝の香りが鼻から抜けるなぁ〜

ひと口だけでは分かりづらく、
ふた口み口と重ね、
舌への蓄積を重ねてみる。

旨みが複雑になり過ぎずではあるけど、
オイリーさでマイルドに包み込む印象で
以前のシンプル、
シャープな塩感も良かったなぁ〜と。

麺屋 菜花奈「地鶏出汁(塩、かけ)」麺

合わせるは平打ち中細麺。

麺肌つるんと滑らかで、
もちっとした歯応えがある。
スープの馴染みは最初は大人しいんだけど、
徐々に高まりを感じるほどで、
一体感が増していき、
うん、
やっぱ蓄積がキタぞ、キタぞ、キタぞ!

口の中が鶏で満たされていく。

 

あぁ、香りがスゲーなぁ〜

麺屋 菜花奈「地鶏出汁(塩、かけ)」青ネギ

青ネギは香りが強く、
合わないとは思うんだけど、
今回はアクセントとして働き、
悪くは思えなかったな。

ややオイリー感はあるものの、
やはり好きな一杯ではあるわ。

 

 

 

 

 

 

 

や?

 

丼底には何やら模様が・・・

麺屋 菜花奈「地鶏出汁(塩、かけ)」スープ

それ目的で確認の為でないけど、
スープは残したくなく、
モチのロンで完スペ。

麺屋 菜花奈「地鶏出汁(塩、かけ)」完スぺ

 

 

 

 

 

【まるごと豚】¥900

麺屋 菜花奈「まるごと豚」

ホントはトリパイ塩かけを食べるつもりが、
リニューアルの券売機ボタンを改めて見て、
変更をお願いした一杯。

トッピングに配されるは、
チャーシュー2種、メンマ、
刻み玉ねぎ、青ネギと、
上手くまとめてあるんだけど、
それよりもスープが気になる。

麺屋 菜花奈「まるごと豚」スープ

いやいやいや、
これは見た目からして妖しいでしょう。

某部長なら喜ぶんじゃないかしら?

麺屋 菜花奈「まるごと豚」スープ

ひと口運ぶと、

 

ほらぁ〜、
やっぱヤバいやつじゃ〜ん。

 

まったり円やかなる豚骨白湯で、
あ、豚骨、豚肉、豚足で炊いてるそうで、
まるごと豚白湯になるのね、うん。

舌をとろんと包んできて、
醤油はしょっぱくなくの強さで、
旨みの輪郭を整えている。
想像したものとは違ってオドロキ。

麺屋 菜花奈「まるごと豚」麺

合わせるは平打ち中細麺で、
さっきと同じかとは思うけど、
ぷりぱつな歯応えがあり、
違う表情を見せている。

醤油を強くして、
もっと太い麺でも食べてみたくなるほどで、
借家系とも全く違う菜花奈家でもイケる。

 

 

 

 

あ、しれっと始めて、
シレット家とでも名乗るかん?

 

 

 

 

刻み玉ねぎ、青ネギとの絡みもイイね。
メンマは繊維質を感じさせるゴリポキさ。
ちょいと硬いかな。

麺屋 菜花奈「まるごと豚」チャーシュー

チャーシューは肩ロースとバラ肉の2種で、
肩ローは低温調理の柔らか仕上げ。

バラは厚みを持たせているも柔らかで、
脂に熱が入ってはいるんだけど、
やはり脂は脂で、
舌触りがぐにゅっと気持ち悪く、
クドさを感じちゃう。

 

 

 

 

ま、ま、ま、
でもこれはサブ扱いではなく、
きっちりとレギュラー扱いで、
この幅の広さには驚いてしまうわな。

 

 

 

 

とにかくこちらも完スペにてフィニッシュ。

麺屋 菜花奈「まるごと豚」完スぺ

まだまだあれやこれやと企みはあるようで、
6年目も期待してもイイやもだわ。

 

 

 

 

とにかく、ま、

5周年おめでとうございますッ!

 

☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

 

菊川市

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2020 All Rights Reserved.