ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

磐田市

支那そば こてつ【ワンタンメン】@磐田市

投稿日:2019年12月22日 更新日:

 

磐田に忍者系の新店がオープン!

 

事前に情報を耳にはしていて、
ここかしら?と場所のあたりはつけていて、
一応は確認はしておいた。

支那そば こてつの前

支那そば こてつの前

磐田駅から国道150号に向かい南下、
そう、昔ボーリング場があった道ね、
以前は天ぷら料理の店だったそうで、
そちらの居抜きになるんだとか。

まだ内外装や看板に手は加わっておらず、
12月頃開店としか聞いておらず、
具体的な日まではハッキリと分からず。

支那そば こてつの前

ブログ「ぶん屋の抽斗(ひきだし)」で、
“その日”の記事を目にしたので、
そりゃ、イカなきゃなんだわ!と訪問。

 

ぶん屋の抽斗➡https://bunakane.exblog.jp/

支那そば こてつの前

駐車場は店頭に3台、
道路を隔てた向かいに11台ほど用意され、
そのひとつに滑り込ませます。

 

 

 

 

 

お!

 

支那そば こてつの外観

一応プレオープンになるのねん。

 

早めに向かったつもりが既に先客は居て、
とりあえず写真を撮ったりしていると、
準備を進める店主と目が合ったので挨拶し、
許可をもらって店内を覗かせてもらう。

支那そば こてつの外観

支那そば こてつの外観

ちなみに店主は荒野で働いていた西尾クン。

支那そば こてつの外観

花だったりお祝いの植物が並べられていて、
岡崎方面で何やら動きを見せる方のものも。

(°▽°)

 

支那そば こてつのメニュー

入って左手にはメニューがあり、
まだ間に合わなかったそうだけど、
そこに券売機が据わる予定。

支那そば こてつの外観

西尾チャーハンは無い。

 

パート・アルバイト募集ですぞ!

支那そば こてつの求人案内

厨房を囲む形でL型カウンター5席、
テーブルは4席×2脚、2席×4脚がある。

支那そば こてつの外観

店主は落ち着いたように見えるので、
訊いてみると緊張してるのだとか。

まぁ、そりゃ、そっか。

 

 

 

そうこうしていると元・荒野店主、
総帥とも呼ばれたりする忍者登場。
初日、2日目は応援に入るとのことで、
店主は安心はするかもだけど、
更に緊張もするかもね。楽しみ。

 

 

 

外に戻って列最後尾に着いて待っていると、
見知った顔B屋さんが現れての座談会開始。

外の様子を伺いに出た店主に声掛け、
写真撮影をし始めたので便乗して僕も1枚。

支那そば こてつの店主

イイ顔をしてるわね。

 

 

しばらくして暖簾が掛かり、
2019年12月21日(プレ)開店。

 

 

【支那そば こてつ】

(磐田市上大之郷366-3)

支那そば こてつの外観

支那そば こてつの外観

券売機は無いのでそのまま席に着くと、
目の前には総帥が調理で、
店主は店の流れを見渡したり、
最終の味見チェックをしたりで共演。

支那そば こてつの調理風景

支那そば こてつの調理風景

支那そば こてつの調理風景

注文はとりあえず口頭でいくようで、
スタッフが順番に聞いていく。

僕は食べる機会の多かった一杯にしてみよ。

支那そば こてつの内観

 

 

 

 

【ワンタンメン】¥850

支那そば こてつ「ワンタンメン」

赤い雷紋の丼に張られてスープは赤黒く、
ワンタン、チャーシュー、メンマ、
味玉、なると、青ネギを配している。

支那そば こてつ「ワンタンメン」

まずはスープをひと口。

支那そば こてつ「ワンタンメン」のスープ

 

おー!

動物系出汁に醤油ダレがしっかり効いてて、
蒲郡ブラックをルーツとする忍者系らしく、
それらしき味わい。

醤油はたまりとは変えてるそうで、
その味わいの違いによるものか、
タレ自体の微妙な量によるものか、
まだライトな印象は受ける。

あのたまり醤油を使わないのって、
ちょっともったいなさは感じるな。

 

 

ま、ま、ま、プレ期間ではあるし、
徐々に調整は入るでしょうけど、
バランス的に考えると、
もうちょい濃くてもイイと思うな。

支那そば こてつ「ワンタンメン」の麺

合わせるは自家製麺で、
丸断面のストレート細麺。

つるつるとした滑らかな麺肌をしていて、
スープとのバランス的には始め大人しく、
徐々に馴染み深さを増していくものの、
やはりまだまだスープに力は欲しい。

 

チャーシューはバラ肉を使用。
脂身はとろんとトロけるほどで、
赤身は歯応えを残す仕上がり。
噛むと醤油が滲み出るほどにしょっぱめで、
そこんとこはタマラナイ。

ワンタンは肉餡を閉じ込んだものが5枚。
スープ色に染まり始めていて、
ちゅるんとした皮との一体感を楽しめる。

 

 

 

 

 

プレ初日で麺のみに絞るかと思いきや、
メニュー提供されていたのでゴハンものも。

 

 

【ハラミ丼】¥350

支那そば こてつ「ハラミ丼」

やっぱ食べときたいよなぁ〜

ハラミに白ゴマが散らされ、
青ネギで仕上げられた一杯。
ぷりっぷりな弾力に強い歯応えがある肉で、
ニンニクの効いた甘ダレが絡められ、
それが惹くんだなぁ〜

支那そば こてつ「ハラミ丼」

この甘さとニンニクの風味で、
そりゃあ、
もうゴハンが進むんだわぁ〜
ウマウマだなぁ〜

人気あるわけだわ。

支那そば こてつ「ハラミ丼」

売り切れ必須なだけに、
提供があるならば食べときたいのよねぇ〜

支那そば こてつ「ワンタンメン」の完スぺ

モチのロンで完食、
そして完スペにてフィニッシュ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまで浜松にしかなかったものの、
初めて天竜川を越える磐田での忍者系。

その味に初めて触れる方も居るでしょうし、
どんな反応があるか楽しみだわねぇ〜

 

 

しばらくは昼営業のみで、
定休日は水曜日になる見込みだとか。
今後どんな感じになっていくのか、
気になっちゃうんだなぁ〜

 

 

 

 

 

西尾クン、
開店おめでとうございます!

 

☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

磐田市

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2020 All Rights Reserved.