ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

焼津市

麺創房 LEO【黄金天然塩そば】@焼津市

投稿日:2019年10月13日 更新日:

 

(※10月1日前の訪問記事です。)

 

これでもか!

 

これでもか!

 

これでもか!

 

 

 

 

遠くに行ったんだから、
当然ながらに杯は重ねたくなるし重ねた。
んだけど、

 

 

 

 

 

醤油!

 

醤油!

 

醤油

 

 

 

 

気づいたら意図せずに醤油を重ねてた。

 

むぅぅぅ (*´ω`*)

 

 

 

 

帰り道、
車に揺られ少し腹が落ち着いてくる頃、
夜営業の時間帯が狙えそうな雰囲気。

最後がインパクト大な醤油だったので、
無性に塩が食べたくなってきた。

 

 

他にも色々と考えを巡らせたものの、
無性に塩が食べたくなってきた。

 

 

食べたくなったぁぁああッ!

オラ、塩が食いてぇぇえッ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ん゛

 

この調子ならば、
行けんじゃね?じゃね?じゃね?

 

 

【麺創房 LEO】

麺創房 LEOの外観

夜営業直前に到着すると、
車の中から数人がぞろぞろ降りてきて、
暖簾掛けを待つ列が出来ます。

麺創房 LEOの内観

で、暖簾掛け。

麺創房 LEOの券売機

麺創房 LEOの案内

券売機を眺めつつ、
久々に限定バージョンをイっちゃおっかな?

麺創房 LEOの券売機

と、ポチリ。

麺創房 LEOの内観

 

 

 

 

【黄金天然塩そば】¥960

麺創房 LEO「黄金天然塩そば」

 

うっひょーッ!

塩だいッ!

テンション上がっちまうぜぃ!

 

麺創房 LEO「黄金天然塩そば」のトッピング

麺創房 LEO「黄金天然塩そば」のかけラーメン

トッピングは別皿、
ラーメンはかけスタイルにしての提供。

 

まずはまずはまずは、
油玉キラキラ浮かぶスープをひと口。

麺創房 LEO「黄金天然塩そば」のスープ

 

うっひょーッ!

塩だいッ!

テンション上がっちまうぜぃ!

 

鶏油が唇に触れ、
円やかなる鶏がキレある塩と共に、
ぶわぁッ!と膨れ上がってくる。

謳いによると、
塩は12種が使われているそうで、
やや強めな効かせ方。

淡口醤油などは使わずに、
塩のみによる味付けらしいけど、
広がりに物足りなさは無くなって、
膨よかなる旨みで押し寄せてくる。
イイなぁ〜

 

 

油はもうちょい少なめでも良さげかな?

 

 

合わせるは、
全粒粉が練りこまれた低加水細麺。

麺創房 LEO「黄金天然塩そば」の麺

スープをしっかり絡ませ上がってきて、
硬めでパツパツとした歯応えがある。

一体感良く楽しませてくれるなぁ〜

 

 

一通り楽しんだらば、
おぼろ昆布を投入してみる。

麺創房 LEO「黄金天然塩そば」のおぼろ昆布

スープを吸い込んでとろんと、
磯の香りを含ませての味変。
これはアリだなぁ〜

麺創房 LEO「黄金天然塩そば」のトッピング

白ネギはシャリシャリと、
食感的変化を与える。
姫三つ葉は香りでの変化。
メンマはポキポキ。

 

チャーシューは2種で、
鶏胸肉はしっとりしていて、
厚みがあることでの歯応えが良く、
黒コショウの香りが引き締めてイイ。

肩ロースはLEOのは好き。
今回はハムのような印象で、
しっとりした中から旨みが滲み出てくる。
きやがる。

 

うんうんうん、
やっぱりイイな。

麺創房 LEO「黄金天然塩そば」の完スぺ

モチのロン完スペにてフィニッシュ。

 

 

 

 

醤油はもちろんながら、
塩も、
その塩の限定をもイケちゃったりする。

天狗にならずに実直に探求する姿は、
やはり食べ手にも伝わってきて、
もうじき製麺機を導入することで、
更なるレベルの向上は否めない。

そう思う。

 

 

 

 

醤油重ねからの訪問で、
そこからの塩。

旨みが活きていて、

あぁぁああ、
また食べに行かなきゃなんだわ!

麺創房 LEOの外観

 

ごめんあそばせ。

(//∇//)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でね、そうこうするうちに、
いよいよ製麺機を導入したそうで、
その麺も投入され始めているらしい。

焼津の大注目店【麺創房 LEO】

麺創房 LEOの外観

 

イっちゃいますか!

ヾ(≧▽≦)ノ

 

 

焼津市

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2020 All Rights Reserved.