ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

磐田市

磐田 麺屋 さすけ【磐田流塩そば】@磐田市

投稿日:

 

前回の惹きが良く、
またそれを食べるってのもアリだけど、

 

 

え?

何よ?

味噌?

塩?

 

 

限定で出したりして、
色々と調整したりしてるそうで、
推された一杯が気にならないわけがない。

軽く挑発されたようで、
どんな一杯なのか気にならないわけがない。

 

 

ま、でもでもでも、
ニヤリとさせてくれる一杯なのなの?
旨いの?
それって旨いの?

 

 

迷わす食えよ、
食えば分かるさ。

 

( ̄Д ̄)ノ  ダァァァァ

 

 

 

【磐田 麺屋 さすけ】

(磐田市大原1385-1)

磐田麺屋さすけの外観

昼時を前にした谷間の時間帯での訪問で、
店内はまだ席に余裕がある。

磐田麺屋さすけの外観

ラッキーであるぞよ。

磐田麺屋さすけの求人

券売機前に立ち、
さて、どうしたものか?と思案思案。

磐田麺屋さすけのスタンプカード

磐田麺屋さすけの券売機

右上にある限定案内には担々麺の文字。

磐田麺屋さすけの限定案内

違うじゃんね?
それ、違うじゃんね?

お目当ての一杯が無いジャマイカ!

 

 

マヂ?
 マヂ?
マヂ?

 

 

「味噌か塩を食え!って言ってたから、
 せっかく来たのに・・・」

「あ、食べます?」

 

 

手が空いたKATZとの問答で、
あっさり提供してくれることになったけど、
無理強いしたみたいになってんじゃん!

どうよ、どうよ、どうなのよ?

 

 

(´-ω-`) むぅ

 

 

ま、提供してくれるってんだから、
それはそれはありがたいことではあるけど。

磐田麺屋さすけの商品説明

磐田麺屋さすけの内観

 

 

 

 

 

【磐田流塩そば】

磐田麺屋さすけ「磐田流塩そば」

 

ほっほぉ〜

 

磐田麺屋さすけ「磐田流塩そば」

放射状に青き線が引かれた丼の中には、
こってりさが感じられるスープ、
平打ち縮れ麺が顔を覗かせていて、
トッピングにはチャーシュー、メンマ、
ひき肉、刻み玉ねぎ、刻み白ネギ、柚子皮、
丼フチに海苔を配している。

磐田麺屋さすけ「磐田流塩そば」トッピング

柚子皮は崩れずに載せられているなど、
盛りの丁寧さは見た目からそそるし、
提供される側としても嬉しくなるわ。

 

とりあえず、
まずはスープをひと口。

磐田麺屋さすけ「磐田流塩そば」スープ

 

 

ん〜ん?

 

 

お?

 

 

ほぉほぉほぉ

 

 

煮干の旨みガツン!というよりも、
じわじわタイプといった感がある。

ややオイリー感のこってりからの入りで、
ザラつく煮干らしき粉感、
煮干の旨みがじんわりと膨らみ、
塩がその輪郭を整えている。

エンミ高いわけでなく、
かと言って薄いというのでもなく、
この塩梅はイイわ。

 

 

「どうです?」

 

 

KATZが顔を覗き込んでくるので、

 

 

「ああこれはおいしいわあ」

 

 

棒読み調で答えてみると、

 

 

「あぁ!この人もう訊かねぇ〜」

 

 

軽く苛立ちを見せる。

ま、いつもの流れですわ。

 

 

 

 

そんなことよりまだスープを味わいたく、
ふた口み口とレンゲを重ねていく。
うん、これ旨いわ。

最初気になったオイリー感は、
その旨みの前に気にならなくなってくるも、
それより粉の舌触りの方が気になるかな。

麺を食べ始めたら気にならなくなるかしら?
そう、スープに惹かれ過ぎてて、
そろそろ麺を食べなきゃ!なんだな。

磐田麺屋さすけ「磐田流塩そば」麺

引き出したるは自家製の平打ち縮れ麺。

ぷりっとしていて、
唇をくすぐるように入ってくると、
もちっとした食感がある。

スープが流れるようなことはなく、
しっかりと馴染んでいて、
一体感良く楽しめる。

 

 

こりゃ、イイなぁ〜
旨いなぁ〜

 

 

醤油もイイけど、
僕的にはこの塩に惹かれるなぁ〜

ひき肉が加わってくると、
旨みも加わってきて、
この変化も見逃せない。
絡めて食べちゃうぞ。

磐田麺屋さすけ「磐田流塩そば」麺

ひき肉正解だわ。

メンマはぽりぽりと軽やかで、
味付けは濃いものの、
麺と食べると味の濃淡が楽しく、
こりゃ、合うわ。
うん、イケる。

チャーシュー上の玉ねぎ、
白ネギを放出すると食感的変化が楽しい。

玉ねぎはちょいと辛めに作用。

チャーシューはバラと肩ローかしら?
脂の甘みだったり、
肉質感を楽しむ楽しむ。

 

スープに紛れ込んでいた柚子皮が出現!
柚子皮自体は好きなアイテムではあるけど、
この一杯にあっては突出気味かな。
ちょいと違うよな気はするなぁ〜

磐田麺屋さすけの案内

 

 

 

【和え玉】¥250

磐田麺屋さすけ「和え玉」

お腹に余裕があれば食べておきたい和え玉。

磐田麺屋さすけ「和え玉」

茹で上げられた麺の上に煮干粉、
チャーシュー、青ネギが置かれているもの。
麺下にはタレなどを忍ばせているので、
マーゼマーゼ ψ(`∇´)ψ をして、
全体を混ぜ合わせ、
しっかりと混ぜ合わせると、
そのままでも食べられる。
そのままでも美味しい。

てか、替玉の一種ではあるんだけど、
これはもう単体としてもイケるもので、
ラーメン一杯ありきの一杯なれど、
これだけでイっちゃいたくなる。

磐田麺屋さすけ「和え玉」麺

しっかりした味付けで、
合わせる細麺はこれを馴染ませていて、
しこしことした歯応えで楽しませる。

スープへの投入だったり、
スープを掛けたり、
もちろんそのままの食べ切りも出来るけど、
今回はつけ麺風にして食べてみた。

磐田麺屋さすけ「和え玉」つけ麺

多彩な楽しみ方が出来る和え玉は、
お腹に余裕があるなら食べたいものなの。

 

 

 

 

そんなこんなでちょいと味増ししたものの、
残るスープは名残惜しくで飲み干し、
完全スープペロリの完スペフィニッシュ。

磐田麺屋さすけ「和え玉」完食

 

 

 

 

塩はまだ限定などでちょいちょい出してて、
そのタイミングを伺っているようだけど、
そろそろ専用ボタンを作っても良さげ。

僕的には醤油より興味があるなぁ〜

次なる展開に期待なんだわだわ。

 

 

 

 

いやぁ〜
色々と試行錯誤が見えたりして、
それは味にも感じられたりで、
磐田さすけはちょいと注目してたいわ。

 

 

(-_☆)キラーン

 

 

 

 

磐田市

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2023 All Rights Reserved.