ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

周智郡森町

7福神 森町本店【森町つけ麺】@周智郡森町

投稿日:2021年6月14日 更新日:

 

そんな時期なのね。
甘々娘(かんかんむすめ)の時期なのね。

毎年食べたいなとは思っていたけど、
そのうち行こっかな、と余裕こいていると、
機会を失してしまうことばかりだったので、
今年こそは今年こそは即行動だぜぃ!

 

 

 

【7福神 森町本店】

7福神 森町本店の外観4

11時半の開店前を狙っての訪問は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うげ!

 

 

7福神 森町本店の駐車場

7福神 森町本店の駐車場

駐車場はほぼ満車で、
待ちも出始めていて、
当然ながら店前には待ち客が出ている。

 

 

YAVA!

 

 

シャッターではあるけど、
続いた列の最後尾で待つかな。

7福神 森町本店の外観1

7福神 森町本店の外観3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ん?

 

 

ちょっと待てよ。

7福神 森町本店の外観2

なんかヤな予感がしたので店頭へ行くと、

 

あ、やっぱり!

 

記名表があったのでそそくさと名前を書く。

7福神 森町本店の駐記名表

20数組目。

・・・数組遅れたかも。

 

 

 

 

シャッターが開けられ、
順次名前が呼ばれていくけど、
もちろん1巡目には入らずに、
結果1時間強、待っての入店。

7福神 森町本店の外観5

7福神 森町本店の営業時間

人気があるのですわね。

7福神 森町本店のメニュー

7福神 森町本店のメニュー

メニューを眺めるも、
お目当ては店頭にも貼られていたもの。

7福神 森町本店の限定案内1

7福神 森町本店の限定案内2

この地、森町が冠に付くものを注文。

 

コーンは大盛で頼んでみよう。

7福神 森町本店の内観

 

 

 

 

 

【森町つけ麺(中)¥1,000+コーン大盛¥100+税

7福神 森町本店「森町つけ麺」

 

おほほほほほ

 

コーンがたっぷり!

つけ汁には、
ほぐしたコーンがどっちゃりこーん!

7福神 森町本店「森町つけ麺」つけ汁

麺には追加のコーン大盛が、
ほぐさなしのコーンが半分っこーん!

コーンがこーんなにたっぷりこーん!

 

(;゜3゜)~ ♪

 

 

 

 

さ〜て、
どっから手を付けよっかいつかむいか?

7福神 森町本店「森町つけ麺」麺

まずは半分コーンをイっちゃおっかな、と、
茎を持ってのガブリつく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

甘ぁ〜い!

 

井戸田

 

 

 

コーン甘ぁ〜い!

7福神 森町本店「森町つけ麺」甘々娘

“甘”の字を重ねるトウモロコシ、
甘々娘(かんかんむすめ)は、
淡白な甘みのトウモロコシといったところ。

やや水っぽいのは茹でによるものか、
ちょいと気になりはするものの、
ま、それでも甘いわ甘いわな。

 

 

 

 

ちなみに僕は皮ごとレンチン5分。

7福神 森町本店「森町つけ麺」麺

麺は縮れの入った多加水中細麺で、
上にフライドオニオン、白ゴマ、
周りにメンマ、海苔を置いている。

つけ汁はコーンの他、
チャーシュー、青ネギなどが入っていて、
ひと舐めしてみると、

 

お!

 

結構エンミが強い。

7福神 森町本店「森町つけ麺」つけ汁イン

麺を落とし込んで口にすると、
豚、鶏、魚介によるトリプルスープ、
これに塩ダレを合わせているようで、
粘度の高さに塩角を効かしt・・・

 

 

あ、溶き玉子になってるんだ!

 

 

とろんとしたつけ汁ながら、
エンミで輪郭を整えまくっての攻撃さ。

そこにほぐした甘々娘の甘さが入り、
なんともアンバランスではあるけど、
これがなかなかに面白い。

肌が引き締まった麺はぷりっぷりで、
唇をくすぐりながら入ってきて、
口の中で不思議な感覚をもたらす。
でもクセになる。

フライドオニオンは時折絡んできて、
これが香ばしくも甘みがあって、
これはアリだな。
ちょっとしたアクセントながら効果的。

チャーシュー、メンマなども挟むけど、
単純につけ汁+麺が楽しかったりする。

 

 

 

 

7福神 森町本店「森町つけ麺」完食

うん、てなことでの食べ進みで、
食べ終わりではあるんだけど、
“しあげのおじや”も頼んでいたのよぉ〜

つけ汁の器ごと一旦返却すると、
おじやとなって返ってくるのよぉ〜

 

 

 

【おじや】¥260+税

7福神 森町本店「おじや」1

 

 

おりょ?

 

器が違うものに変えられ、
全く違う一品となったみたい。

7福神 森町本店「おじや」2

こちらにもトッピングが中央に置かれ、
これを崩しながらはむはむはむ。

7福神 森町本店「おじや」3

エンミがつけ汁は強かったんだけど、
おじやにすることで若干マイルドになり、
円やかな旨みを楽しめる。

 

 

うんうんうん。
てなことでの完食でありますぞん。

 

 

 

甘々娘以降は品種が変わるようで、
8月上旬まで提供されるこのつけ麺。

狙うべきは早めの時間帯がイイやも。

 

 

 

周智郡森町

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2021 All Rights Reserved.