ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

浜松市中区

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー【海老のラボタン塩】@浜松市中区板屋町

投稿日:2021年3月25日 更新日:

 

そこに行けば満足いくものが食べられる。

 

 

それは間違いのないところで、
麺はもちろんながら、
浜松市中央卸売市場での直接買い付けで、
店主のお目に叶ったものしか提供せず、
ハズレのない海鮮系が食べられたりする。

今回は提供があるんだろうか?
ま、おそらくあるんだろうな。

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリーの限定案内1

そのドアを開けてみることにしましょう。

 

 

 

【汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー】

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリーの外観

店頭店内には新作の塩の案内、
それの限定麺などの案内があり、
今回はそちらで攻めてみようかと。

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリーの限定案内2

んでもって、
海鮮系は・・・

 

 

 

 

うわ、大漁だなッ!

 

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリーのサイド案内

ちょいと多過ぎて選択がムズイぞ!

 

 

ん〜ん
暫し悩んで注文し、
暫しの調理待ち。

 

 

 

 

 

【海老のラボタン塩】¥900

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「海老のラボタン塩」

 

ほぉほぉほぉ

 

具材はひき肉が除かれる以外醤油同様で、
水菜、刻み玉ねぎ、青ネギ、
カシューナッツが載せられていて、
そこに茹でエビが載せられてるだけかな?

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「海老のラボタン塩」

エビ自体は好きなので問題はナシだけどね。

 

 

とりあえず、
そのエビをひと摘まみでひと口。

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「海老のラボタン塩」エビ

 

どほッ!

 

プリッ!とした弾力はあるんだけど、
その前にパリッ!とした歯応えがあり、
それが一気に弾け、
エビの香りが飛び込んでくる。

ほんの僅かにエンミが感じられ、
それにより甘みが引き立っている。

あぁ、エビ好きだわぁ〜

 

 

よし、次はラボタン塩だわ。

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「海老のラボタン塩」タレ

麺を持ち上げてみると、
いつもの真っ黒な醤油とは違い、
透明感のある塩ダレがあり、
これを早速絡めちゃおう!と、
トップをざざっと散らしてから、

 

 

マーゼマーゼ

ψ(`∇´)ψ

 

 

器底から麺にタレが、
具材がしっかり絡むように、

 

 

マーゼマーゼ

ψ(`∇´)ψ

 

 


汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「海老のラボタン塩」エビ

麺は麺屋棣鄂の平打ち麺で、
そこに縮れが入れられていて、
全ての具材が満遍なく散って、
しっかり馴染んだら食べちゃうちゃう。

羅臼昆布、椎茸、鰹など数種類の乾物、
藻塩など数種類の塩による塩ダレを使い、
旨みが凝縮された・・・云々、
なるほどなるほどなるほど、
確かなあっさりとしていながらも旨みあり、
麺にもしっかりと馴染んでいるんだけど、
ちょいと油が気になるなぁ〜

唇をヌメッと滑らせ、
せっかくの旨みをコーティングしちゃって、
ちょいとボヤけ気味には感じるなぁ〜

 

 

エビを挟みつつ食べてみると、
あ、これは旨みが加わる事でイイ!

エビはイイぞ!

形状が麺に絡ませやすかったり、
タレに忍ばせてみたりも面白いかもだなぁ〜

 

 

 

 

【天然生雲丹】¥500

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「天然生雲丹」

無添加!と謳う生ウニで、
そのまま摘まんでみると、

 

 

あああああ、

うみゅい!

 

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「天然生雲丹」

とろんと舌にトロけるよに甘みが広がるぅ〜

 

 

あ、そうそう、
形が崩れないようミョウバンを使うらしく、
僅かな苦みやエグさがあったりするけど、
これは無添加らしいのでそれを感じない。

甘いんだわぁ〜

ティータダさんから贅沢な食べ方を聞いて、
そりゃ、さすがにもったいないでしょう?

そう思ってはいたものの、
頭で考えてブレーキを掛けるでなく、
固定概念に囚われるだけでなく、
試さない手はないし、
試すことでの経験値も増すだろうと、
ま、ま、ま、
とりあえずやってみましょう!

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「海老のラボタン塩」ウニプラス

ちょこっと摘まみ入れて、
うにうにうにと箸とレンゲで突き、
麺に絡ませて口に。

 

 

うみゅい!

こりゃ、イイぞ!

 

 

 

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「海老のラボタン塩」ウニプラス

塩ラボがベースとなり、
それによりウニが引き立てられ、
ウニラボタンになっちゃうなっちゃう❤

 

 

こりゃ、イイぞ!

悪いわけがない!

ウニラボ、イイぞ!

 

 

もったいないからって、
後で食べようと残していたウニを追加投入。

 

 

うみゅい!

ウニラボ、イイぞ!

 

 

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「海老のラボタン塩」

笑顔になっての食べ進みで、
勢いのままに完食だわ。

 

 

エビはエビで旨かったけど、
ウニはウニでの変化も楽しく旨かったぞん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

贅沢丼は贅沢丼でラインナップされてるも、
この日は迷うほどに大漁で、

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリーのサイド案内

全部に手を出したいほどの大漁日で、
食べ手側としては嬉しい悲鳴なんだけど、
裏を返せば、
魚料理を提供する店が少なくなり、
卸売市場からのハケ先が失われつつあり、
リアルな悲鳴が上がってないかと危惧。

とりあえず食べ手は食べたかにゃ!だし、
そもそも食べたい。

 

 

 

【天然縞鯵丼】¥880

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「天然縞鯵丼」

 

鯵の王様!!

超高級魚!!

そんな謳い文句が書かれていて、
アジは好きな魚だけど、
シマアジをシマアジとして、
ちゃんと認識して食べてたかなぁ〜?

違いがあるんだろか?

 

 

てなことを思いつつ、
まずは出汁醤油を使わずにそのままひと口。

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「天然縞鯵丼」

 

あ、へぇ〜、そうなんだ。

 

アジのイメージで食べてみたけど、
脂がノっていてトロけるよな感じで、
どちらかと言えばブリに近いように感じる。

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「天然縞鯵丼」

淡白なブリといったところ。

へぇ〜、そうなんだ。

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「天然縞鯵丼」出汁醤油

出汁醤油を軽く掛け回し、
山葵を添えて味わいつつのバクつき。

 

 

完食。

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「海老のラボタン塩」完食

基本の汁なし系はもちろんのことながら、
海鮮系が充実しているのは魅力で、
毎回何を食べようかと悩んでしまう。

 

 

 

 

次は何があるんだろ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

限定麺も突発的にあったりで、
実験室はまだまだ楽しませてくれ、
面倒なことになったわ。

 

(о´∀`о)

 

 

浜松市中区

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2021 All Rights Reserved.