ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

静岡市

食堂 あんと【牛すじらーめん・みそ】@静岡市駿河区

投稿日:2021年3月20日 更新日:

 

 

天気がイイなぁ〜

 

同乗させてもらい、
焼津から静岡へと、
普段走らない大崩海岸の道を通ると、
コンクリート劣化でトンネルは朽ちていて、

食堂 あんとへの道中1

高いぞ高いぞ富士山が見え、
高いぞ偉いぞ富士山が見え、
まだまだイケるぞ富士山が見え、

食堂 あんとへの道中2

食堂 あんとへの道中3

食堂 あんとへの道中4

市街に入って目的地に着くも、

 

 

 

な゛

 

 

まさかまさかまさか、
またしても営業しておらずでココロ折られ、

わいも

わいも

どうせならお初の店に行こうと向かうも、
こちらもまた営業はしておらず、
祝日の扱いはなかなかムズイと思いつつ、
更にその流れで次の店に向かうと、

 

 

今度は今度はやっていた!
やったぜ!
営業していてくれてあんと!

 

 

 

【食堂 あんと】

食堂 あんとの外観

食堂 あんとの外観

その名前は知ってはいたけど、
先日テレビでも紹介されていて、
あぁ、そういえば!と思い出しての初訪問。

食堂 あんとの案内

食堂 あんとの案内

“あんと”とは蟻のことかと思ってたら、
ありがとうの幼児言葉だそうで、
アットホームでかわいい店にしたいと、
そんな想いが込められているんだとか。

 

 

ほーほーほー ( ̄O ̄;)

 

 

新型コロナ対策が取られていて、
入店すると手指消毒を求められる。

店内は右に厨房を囲むL型カウンター、
他にテーブルがあり、
ちょっと照明を落としたよな雰囲気。

 

さてさてさて、
メニューはこちら。

食堂 あんとのメニュー

食堂 あんとのメニュー

食堂 あんとのメニュー

麺類はもちろん、
定食やランチなどもあり充実してて、
実際後客は焼肉、豚汁の定食を頼んでいた。

 

あ、そうそう、
こちらは静岡大学のすぐ近くで、
その定食を頼んだのも大学生風で、
お値段も抑えられているので、
食事の幅は広がりがあって、
利用機会は多いのかもしれないな。

 

 

 

 

 

【牛すじらーめん・みそ】¥850+税

食堂 あんと「牛すじらーめん・みそ」

 

あーん?
と、華が無いなぁ〜

 

ネーミングにある牛すじはもちろんあって、
他にメンマ、味玉、わかめ、
白ネギを配しているんだけど、
どれもスープ面から沈み気味になっていて、
見た目のメリハリさが無く、
ワクワクとした気持ちが高まらない。

食堂 あんと「牛すじらーめん・みそ」

ま、ま、ま、
それはそれとて味が大事だからね、
ともかくまずはスープをひと口。

食堂 あんと「牛すじらーめん・みそ」スープ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うん、味噌汁。

 

 

ふた口み口とレンゲを重ねてみるも、
やっぱり味噌汁のイメージでしかない。
白味噌主体の仄かな甘みある味噌汁で、
わかめを口にすると、
よりそう思わざるを得ない。

 

 

 

うん、味噌汁。

 

食堂 あんと「牛すじらーめん・みそ」麺

合わせるは細麺。

スープの馴染みは良く、
ぷりっとした弾力、
しこしことした歯応えがある。

食堂 あんと「牛すじらーめん・みそ」牛すじ

牛すじをイってみようかな。

まずはそのままを口にすると、
しっかりと煮込まれていて、
筋部分はトロけて柔らかく、
甘い味付けがされている。

うん、そう、そんな感じ。

麺とも絡めて食べてみたりするも、
甘みあるスープに甘みある牛すじで、
見た目同様にメリハリさを感じず、
これが違う味付けならば、
味変効果もあって面白そうだけど、
単調に単調を重ねたようで、
どうもその面白みは感じず。

脂の蓄積も否めずで、
そんなこんなで食べ進めてはみるものの、
気持ちの盛り上がりは生じずで、

食堂 あんと「牛すじらーめん・みそ」味変

唐辛子を掛けてはみたけれど、
全体感からすると焼け石に水。

 

 

 

 

はい、そんな感じで終了。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タカ☆の経験値を1つ上げてもらった感じ。

 

(´-ω-`)  アント

 

 

静岡市

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2021 All Rights Reserved.