ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

浜松市中区

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー【ラボタン(辛さ4、痺れ3)】@浜松市中区板屋町

投稿日:2020年6月5日 更新日:

 

ようやく店内飲食解禁となり、
再開を首を長くして待ちわびていたので、
そりゃあ、食べたくなる。

 

 

 

【汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー】

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリーの外観

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリーの外観

対策はしっかりと整えての再開で、

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリーの案内

カウンターは仕切りを設けていて、

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリーの内観

見知った面々も居たんだけど、
その中に収まっていた。

 

メニューはこちら。

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリーのメニュー

やはりのいつものやつを、
今回はちょっと刺激増しにしちゃおっかな。

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリーのメニュー

そんでもってブラックボードには、
海鮮の用意もあったのでそちらも、ね。

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリーの案内

 

 

 

【2種丼(アコウダイ、生桜エビ)¥820

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「2種丼」

この日は沼津産の高級深海魚アコウダイ、
生桜エビの2種丼が用意されていて、
海鮮丼の提供があるならば、
そりゃあ、もう、食べておきたいのよね。

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「2種丼」

店主自ら浜松市卸売市場に出向き、
直接目利きしての買い付けしていて、
間違いはないと思うのよね。

 

出汁醤油の提供はあるんだけど、
いつも通り、
まずはそのまま口にしてみる。

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「2種丼」

アコウダイは皮目が炙ってあって、
香ばしくてイイんだけど、
身自体が上品過ぎるのか淡白で大人しく、
それを上回る甘みや旨みが弱い気がする。

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「2種丼」

桜エビは殻のジャギッとした食感から、
甘い身の旨みがじわりと出てくる。

 

エビ、甘ぁ〜

 

出汁醤油をちょんちょんと垂らし、
ゴハンと一緒にはむはむむ。

 

 

 

 

 

【ラボタン(辛さ4、痺れ3)¥750

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「ラボタン(辛さ4、痺れ3)」

ちょっと遅れての提供は、
基本的であって、
よく食べるラボタン。

今回は普段よりカラシビを上げての4、3。

なんだかね、
この表情を見るのは久しぶりで嬉しくなる。

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「ラボタン(辛さ4、痺れ3)」

ひき肉、水菜、青ネギ、カシューナッツ、
そして唐辛子が散らされている。
器の底には真っ黒黒助の醤油ダレがあって、
既に白き麺が染まっている。

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「ラボタン(辛さ4、痺れ3)」麺

軽くトップの具材を散らしたら、
一気に混ぜ合わせるよ。

 

 

マーゼマーゼ!

ψ(`∇´)ψ

 

 

全体が混ぜ合わさったら食べるよ。

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「ラボタン(辛さ4、痺れ3)」麺

手揉みされた平打ち麺はびろびろと縮れ、
しっかりとタレをまとっていて、
ぷりもちな歯応え。
これが食べたかったのよ。

再開初日ということで、
伽舞兄さんは“若い”と表現してたけど、
確かにいつもの円やかで深いコク手前、
ちょっと尖った醤油感ではあるかな。

辛さ4、痺れ3にしたんだけど、
辛さは辛過ぎずの辛みで、
痺れと共に舌に刺激を与えてくる。

 

ひき肉は粗挽きされたもので、
単体でもぷりっとして肉の旨みを楽しめる。
ひき肉がイイのよね。

水菜やカシューナッツは、
食感的に変化を楽しませてくれる。

 

 

 

 

あ!

そうそう!

と、いつも忘れてる黒酢を思い出す。

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「ラボタン(辛さ4、痺れ3)」味変

これを入れると、
その円やかな酸味が食欲を刺激する。
この変化もイイのよね。

 

水で舌を洗って、
残っていた2食丼も楽しむぞ!

ってなことでの完食&完食で、
満足しての退店さ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりに街中を散歩してると、
浜松駅と中央郵便局を結ぶ地下道は、
地上部でバリケード封鎖されている。

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリーの道中

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリーの道中

 

ありゃりゃりゃりゃ?

埋められちゃったんだ!

 

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリーの道中

ありゃ〜
代わりに横断歩道が出来たんだね。

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリーの道中

渡った反対側も同様に埋められている。

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリーの道中

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリーの道中

そっかあ〜

信号待ちしなくて済む利便性もあるけど、
老朽化って理由もあるんだろね。

 

 

ま、どちらにしても街も変化してくんだな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・特にオチは無いです。(´ω`)

 

浜松市中区

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2020 All Rights Reserved.