ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

掛川市

麺屋 さすけ【貝塩そば】 @掛川市

投稿日:2016年11月19日 更新日:




美味い一杯が食べたい!

僕はそう思う。











券売機には少し手が加わった印象。

メニュー説明の案内が用意され、

卓上の説明書きもリニューアルしたのね。

・・・ってことは、



券売機に戻すと、
「売切」表示にはなっていないボタン。

・・・怪しい。 (。-_-。)

お金を入れると点灯。

えいやっ!ポチッ!

それと「レアチャーシュ・・・、

おんや?

こんなのあったっけ?


こちらもポチッ!とな。



【貝塩そば】¥900

中央ラインに穂先メンマを横たえ、
薄切りレアチャーシュー、青ネギ、三つ葉、
カイワレ、海苔をセット。

こりゃ何だ?

ペースト状のものが乗せられてる。

かにみそ???
んにゃ、違うな。
ま、後で。

まずは白く淡い濁りのあるスープをひと口。

ほぉー!

仄かな甘みを携えるスープは塩角が無く、
旨みがググッググッと広がり鼻腔をくすぐる。

貝は表立って出てくるのではなく、
全体的に旨みを広げていて、
去り際に余韻に残していく。

これは鶏魚介をベースに、
牡蠣やアサリを使った貝出汁、
そして塩ダレを合わせてあるそうで、
味に深みがあるのはそういうことかとお勉強。

合わせるのは、
麺屋 棣鄂(ていがく)の低加水細麺。
肌が滑らかでダレにくく啜りやすさがあり、
旨みと共に口の中に飛び込んでくる。
密度が高く、
グッグッとした歯応え。
エロティックな麺なんだわ。

意図せずに絡み始める青ネギは、
舌触りがそのエロい時間をちょっと邪魔する。
欲しい薬味ではあるけど、
麺とスープを純粋に楽しみたくもあるんだな。

中盤に気になっていたペーストに目をやり、
ひと舐め。

あー、肝の風味!

何だろ?
後で確認してみると、
出汁に使った牡蠣に味付け、
ミキシング後に裏漉ししたものなんだとか。

へぇ~
手間暇ぁ~ 
( ´ ▽ ` )

酒のアテにしたいようなペーストを、
スープに溶かし入れる。

激変ではなく、
旨みの上積みという形で味が変化。
これイイわ。

肩ロースを使った柔らかなレアチャー、
小気味良い歯応えの穂先メンマ、
口の中をリフレッシュする三つ葉やカイワレ。
楽しみつつ食べ進めます。



そしてこちらも。

【あさりの炊込ごはん】¥200


三つ葉の茎が短く刻まれ乗せられています。
ゴハンにはアサリ、昆布が見える。

濃い味付けではない炊き込みは、
醤油は抑えめにした薄味仕上げ。


これは!とスープを注ぐ。

貝出汁スープと合わないわけがない、きっと。

やっぱり!

合う!合う!合う!

こりゃあ、合わせにゃ損損ッス!
三つ葉の香りもイイじゃないの。

レアチャーシュー丼と迷ったけど、
や、それもイイんだけど、
貝塩にはこっちの方を合わせた方が正解かも。



残しておいたスープも飲み干し!

完スペですッ!


醤油にしか興味を示さなかった店主。
よくここまで仕上げたなと素直に感心。
まだまだ進化をするんだろうけど、
現時点でも純粋に楽しめる一杯だと思う。
「あさりの炊込ごはん」とセットだと、
なお楽しめるんじゃないかなと思う。

m9( ̄▽ ̄) どーん!





「1%の閃きと99%の努力」な一杯を味わっちゃう?

掛川市

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2021 All Rights Reserved.