ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

静岡市

豚そば 一番星【煮干豚骨】@静岡市葵区

投稿日:2019年6月7日 更新日:

 

ん?

ん?

んんん???

 

 

 

どぅわッ!

 

マヂか???

開店ポールを狙ってちょうどの到着。
って、暖簾が掛かってないじゃ〜ん!

 

なんでぇ?なんでぇ?なんでぇ?
えぇぇぇええ???
30分遅れだぁ〜???

 

社員登用のリッキーは居るし、
はるタンも居るんだけど、
どうしたんだいッ?

事情があって・・・と店主は話すけど、
ん〜ん、予定が狂っちゃうなぁ〜

まぁ、しょんないで待つことにしましょう。

この日は限定の鬼脂の提供は無いそうで、
ニクツケのみ。

でもゲリラ限定を出すとのこと。

大人しく待って待って待っての暖簾掛け。

 

 

 

【豚そば 一番星】

豚そば一番星の外観

手書き案内は間に合わなかったけど、
指定された食券を買っての着席。

 

 

 

 

【煮干豚骨】¥780

煮干豚骨

おーッ!
悪い色じゃないですかぁ〜

妖しきグレーのスープをバックにして、
チャーシュー、味玉、小松菜、白ネギ、
刻み玉ねぎ、海苔が配されているんだけど、
トッピングが明るい配色となっているので、
暗い印象を与えないとこがイイよねぇ〜

ピンクのチャーシューなんてイイじゃんね。
他も全体を明るく魅せている。
そそるなぁ〜

やっぱ見た目は大事だと思うんだよね。
傷んで変色してるものを提供されちゃうと、
悲しい気分にさせられることがあるからね。
センス以前の問題なんだよなぁ〜

 

 

 

 

 

でね、
まずはスープ。

レンゲを沈めると、
とろ〜りとゆ〜っくりと入ってくる。

 

粘度濃厚ッ!

ややぬるめの入りは、
煮干はガツン!というものでなく、
濃厚豚骨に包まれて、
ザラつきはなくマイルドな仕上がりで、
さほど重さは感じない。

タレは煮干のエンミが考慮され控えめで、
それがバランス的な丁度イイ加減で、
煮干の苦み、豚骨の甘みの調和が感じ取れ、
それぞれを活かしている。

合わせるは平打ち麺。

もちっとした中に強めなコシがあり、
しっかりとまとわりつくスープに対し、
それに負けない力強さで応えている。

白ネギはザクザクと、
刻み玉ねぎはシャリシャリと、
食べ進みに変化をもたらしてくれる。

チャーシューは低温調理された肩ロース。

いやいやいや、
一番星でのレアチャーなんてレアじゃね?
とにかくキレイなピンク!
しっとりした肉質感に、
臭みのない肉の旨みがタマラナイ。

 

味玉は半熟でコク深いもの。
小松菜のほろ苦さでブレイクタイム。

ちょいと提供されるは自家製ラー油。

程度が分からないので、
半分ほどを入れて混ぜ合わせてみる。

表面的な辛さは感じずで、
濃厚スープのトロミの奥からピリッ!
舌をつくような刺激を感じる。

あ、これはニボトンを辛みで殺さず、
引き立たせるような辛みなんだわ。

 

後で店主の話を聞いてみると、
後から来るような辛さを狙ったんだとか。
ほーほーほー ( ̄O ̄;)

ともあれともあれの完食。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

牛肉を乗せて、
こんなラー油を掛けて、
そこにパクチーを合わせたような、
蘭州牛肉麺なるものがあるらしく、
それを作ろうかと考えていて、
6月9日(日)に企んでるみたい。

 

その一杯にパクチーは外せないよなぁ~
絶対合うだろうなぁ~

 

【蘭州風牛肉麺】¥850かぁ〜
パクチー増しは¥150かぁ〜

 

滾っちゃうねぇ〜
やっちゃおっかなぁ〜?
どうしよっかなぁ〜?

 

 

 

 

答えはこうだ!

 

イヤァオ!

 

\\\٩(๑`^´๑)۶////

 

 

静岡市

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2020 All Rights Reserved.