ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

浜松市北区

蔵前家で跳ねろ! G☆SPOT【家系豚骨×もち大麦】 @浜松市北区細江町

投稿日:2018年1月20日 更新日:



静岡県って東西に長いんだよね。

市役所を基準とする直接距離ならば、
西部・浜松市~東部・沼津市は約112km、
中部・静岡市は約67kmある。

ちなみに愛知県豊橋市だと約31km。

静岡市よりも近いジャン!
東三河地区は近いジャン!

あ、そうそう、
バスケBリーグの三遠ネオフェニックスは、
前身であるbjリーグ時代の名前が、
「浜松・東三河フェニックス」

結び付きのある地域なんだわね、
浜松と東三河って。

2017年12月某日、
声を掛けられて「蔵前家」へ。

恐ろしげな面々が集まり始めていて、
小心者の僕はビビリ。
((((
;゚Д))))))) ぶるぶる

更には東三河の2人も来店。
怖ぇ~、怖ぇ~、怖ぇ~
((((
;゚Д))))))) ぶるぶるぶるる

ぎゃー!
「超舌な 川柳人まで 来る蔵る         曲線」
((((
;゚Д))))))) ぶぶるぶるぶるるるるるる

東三河の面々は自家製の麺々を持ってきてて、
それを使った一杯が蔵前家店主から供される。

【()本格家系スープともち大麦の融合】

【家系豚骨×もち大麦】

とりあえず、
とりあえずの、
あくまで試作的な一杯。

自店の羽釜を使い、
しっかりと炊かれた豚骨白湯がなみなみ。
うんうん、
ネギしか入ってなさそうだから、
これはつけ汁になるんだろうな。


ではこちらは?
ラーメン?

お!
ほぉ~


あの面々が作った麺が入ってるのね。
ふんふんふん。
口にしてみると、
もっちりとした食感の麺。
薄味仕立ての魚介出汁の和出汁に入ってて、
これはまんま食べても良さげではあるけど、
豚骨のつけ汁に浸けたらどうなるものか?
危ぶむなかれ。

おーッ!
こりゃイイわ!


和出汁の旨みが染みた麺をズズッ!
啜り上げると、
蔵前らしき豚骨の旨みが持ち上がってくる。
エンミ強めなれど、
麺とのバランスはバツグン。
こりゃイイわ!

更に試作第2号は麺を変え、
和出汁も変化付けての確認作業。

うん、これまた面白い仕様だわ。

試作ではあるけど、
あくまで試作ではあるけど、
既にまた食べたいレベルの一杯。


正直なところ、
ホントにまた食べたいという惹きが強い一杯。

うん、食べたいゾ!

・・・これ、食べられるよ。

 
 


「なな家で跳ねろ! withG(その1、 その2」に続き、
ガチ跳シリーズの第4回をヤルってよ!





 
蔵前家×ガチ麺道場×幸跳の3店主による、
一夜限りのコラボレーション。




その名も
【蔵前家で跳ねろ! GSPOT】




まだまだ調整して、
麺のエロティック度を増し、
惹きを増した一杯が作られる。
これは食べとかにゃ!な一杯なんだわ。


 
食べられるのは、
2月6日(火)17時~
場所は【蔵前家】


 
東三河と浜松が結びつく瞬間。
 
とにかく喰っとけ!
 
どどんがどーん!
m9( ̄▽ ̄)


※1月25日追記

2月6日(火)17時のその時に向けて、
徐々に詳細が詰められ、
準備が進んでいる様子。


メニュー名は、
【家系豚骨×もち大麦】で、
150杯限定になる見込みだとか。


 
で、使われる食材の一部を紹介。


 
ヒイラギと呼ばれる小魚の煮干が使われる予定で、
イメージ的には・・・


ヒイラギ煮干と真昆布の出汁に泳ぐもち大麦麺、
そして本格家系スープとの融合。


まだまだレシピは詰めていくようですが、
期待は高まるばかりなり!!
楽しみだなぁ~



 
で、ポスター掲示での協力をいただけています。


美容室アロハブルー(細江町)、

20180125時点)

こちらも是非ご利用くださいませ☆

浜松市北区

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2021 All Rights Reserved.