ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

静岡市

らぁ麺 ここん【醤油らぁ麺】 @静岡市葵区

投稿日:2018年11月17日 更新日:


虹をみたかい?

キレイな虹を、とびきりの虹を。

根っこもクッキリの二重の虹で、
なんかイイことありそな気分になっちゃった。

美味いもん食べられる・・・かな?

(((o(**)o)))

翌日、静岡市街をブラブラ。

これ、好きなのよねぇ〜

4方向から放たれた水で壺が満たされると、
ごろん!ざばーん!と、
転がり溢れる。


何がどうなってどっちに転がるか?
人生になぞらえてみたくなるのさ。


 
僕が向かうはあっちかな?こっちかな?
 
レンガ倉庫を改造したブティック。
雰囲気が好きだわ。
 
むき出しのトランスもイイ感じ。
 
とことこと辿り着いた僕は今ココ。
 
〜の「麺屋 やまもと」
 
 






 
 
 
・・・ではなく、
連休の間の5日間だけ、
5日間限定の間借り店への訪問。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
開店時間を間違えてしまって、
そりゃ、休日とあって混雑が予想されるから、
早めに着くつもりではあったけど、
1時間半前の到着とは早過ぎた。
ヤバ〜い。
 
でもポールは取れずで2番手。
ポールは文章にチクリと想いを込める、
込めてた元ブロガーさん。
うん、あのブログ好きずら。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回の主役である、
(仮)店主リョータは忙しそうに準備中。
知らない仲ではないので、
合間にちょこちょこと話しかけられたり、
話しかけたり。
 
 
【らぁ麺 ここん】です。
 
この日、
開店前に暖簾掛けをしたのは、
とあるゲストの登場があったことで、
一緒に写真を撮るべく先掛けを提案したから。
 
桜、若葉、紅葉、雪だるまと、
四季を感じさせる暖簾だわね。


 
 
今回は醤油と担々、
2種類のラーメンを用意。


以前担々を食べたので、
醤油にしてみよっかな。
 



 
 
 
「みんな、醤油・・・。」
「もう担々止めた方がイイのかなぁ〜?」


一巡目5人全員が醤油で、
無しに困惑するリョータ。
 
これはツッコメという合図?


「うん、止めとけ!」
「えぇ〜???」

(O)(´o`;
 
 
 
 


【醤油らぁ麺】700


これがリョータの一杯なのね。
ほーほーほー (O😉


淡き色合いの明るい醤油感のスープで、
トッピングにチャーシュー、メンマ、
なると、小松菜、白ネギ、海苔を配し、
仕上げに黒コショウを散らしています。
 
ん〜ん、
海苔は千切れているわ、< span lang="EN-US">
麺にしても盛りにしても、
見映えはしないなぁ〜
 
 
まずはまずはスープをひと口。
 
ほんのりとした甘みがあり、
鶏の香りが漂うもの。
強い主張感は無く、
むしろ醤油をもうちょい強めても良さげで、
やや物足りなさを感じる第一印象。
 
合わせるは自家製という低加水細麺。
パツンとした弾力、
シコシコとした歯応え、
そしてダレない感じがイイな。
 
チャーシューはバラ肉を使用。
硬め。
メンマは味付けはイイけど、
柔らか食感でこの一杯には弱い気がする。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スープに物足りない感じはあったんだけど、
これが徐々に舌に蓄積していき、
麺も馴染みを深めていくので、
惹きが増し、
後半にかけて徐々に引き込まれていく。
 
完スペにてフィニッシュです。
 





うん、今回は限定日数での仮提供だったけど、
実店舗を構えることがあるならば、
気になる存在になるかもだわ。
 
掛川にその場所を探していたものの、
前回訊いた際には範囲を広げて、
今回訊いたら日本全国で探していると。
 
ふ〜ん。
まぁ、いつか決まるとイイよね。
 
 
 
 
 
店名は古今東西からだそうで、
昔と今。
昔から今日に至るまで。などの意味がある。


昔でも今でも、
ここに存在するのは、
自分ひとりだけの力によるものでなく、
誰かれ手助けを受けることもあったりで、
繋がりは大事にしなきゃなんだろうなぁ〜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あ、そうそう、
開店前に訪れて写真撮影したとあるゲストは、
 

いずれ実店舗を構えたならば、
紹介してもらえるとイイね。
 

リョータ、頑張れッ!
o(ω´ )o
 

この後、
静岡のラーメン店巡りに移動していったとさ。



静岡市

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2021 All Rights Reserved.